2017.11.09更新

相続が発生しても、自分は相続人になりたくないため、家庭裁判所で「相続放棄」をすることがあります。

理由は、様々ですが、例えば、亡くなった人に借金があったり、関わりたくない場合などです。

放棄をすることで相続人ではなくなります。

 

では、相続放棄が行われると遺産分割はどうなるか。誰が行うのか。

次の順位の人が代わりに相続人になります。

子が放棄すれば、親、次は兄弟といった順番です。

みんなが放棄する必要がある場合、まず子が放棄して、次は親、最後に兄弟が放棄する形です。

 

では、相続人の中で相続放棄をした人がいる場合、不動産の名義変更登記はどうなるか。

遺産分割をするにしても、しないにしても相続人を特定する証明書が必要ですので、「相続放棄申述受理証明書」が必要になります。

これは、家庭裁判所で発行してもらう証明書です。

 

この証明書と似て非なるものとして「相続放棄申述受理通知書」というものがあります。

これは、相続放棄の手続きをすると、家庭裁判所から送られてくるものです。

一方、上記の証明書は、別途交付請求をしないと取得できません。

よく間違えてしまうのでご注意下さい。

 

ちなみに、相続放棄をすると、相続人ではないので、預貯金や現金、身の回りのものまで亡くなった人のものを処分する権利はなくなります。

この点は気をつけた方がよいです。自分が行った放棄と相反することをしてはいけないですよね。

相続放棄が認められなくなるかもしれませんので、注意が必要です。

 

平成29年11月9日