お役立ち情報ブログ

2018.11.29更新

「不動産の相続をしたいけど、権利証を紛失してしまった…権利証って必要なのかな…」
このようなことでお困りの方はいらっしゃいませんか?
権利証とは登記識別情報といい、売買や贈与、相続などにより不動産を取得し、登記をした際に法務局から発行される書類です。
そんな重要な書類をなくしてしまったら、相続ができないのではないかと心配ですよね。
今回の記事では、相続の際の権利証の必要性と、権利証を紛失した際の対処法について説明いたします。

□相続の際に権利証は必要か
相続の際、権利証はある例外を除いては必要としません。
なぜなら、相続とは被相続人が亡くなったことが原因で起こるからです。
売買の際には「売却する意思」を証明するために権利証の添付が必要となりますが、相続の際は当事者の意思が原因でないため、権利証が必要ありません。
相続の際には戸籍や遺産分割協議書で誰が相続するのかを決めます。
こうした理由から、相続の際には権利証は必要ありません。

そして、例外的に権利証が必要となる相続は「被相続人の住所が登記簿上の住所から現在の住所まで繋がらない場合」です。
長年の間住所変更登記をすることなく亡くなってしまい、現在の住所と過去登記した住所が違うと、法務局からは登記上の人物と、実際の故人を同一人物と判断する材料がなくなってしまうのです。
この際、役所の証明書の中に昔の住所と故人を結び付ける書類がなかった場合、最終的には権利証が必要となります。
もし権利証を紛失し、上記の例外にあたる場合には、「上申書」を作成して法務局に受理してもらいましょう。
上申書は個人で作るには難しい点があるので、司法書士に作成してもらうことをお勧めいたします。

□権利証を紛失してしまった場合の対処法
上記の通り、基本的に相続の際、権利証は必要となりません。
しかし紛失してしまった場合の対処法を知っておくことをおすすめします。
一般的に以下の2つの対処方法があります。

*本人確認情報
本人確認情報とは、権利証に代わるものです。
これは、司法書士によって対象の不動産の真正な所有者であることを証明するものです。
こちらは即発行でき、確実に登記申請を行うことができます。

*事前通知制度
登記申請書に権利証を提出できない内容を記載して、登記申請を行うと、法務局から本人限定受け取り郵便で通知が届きます。
これに実印を押して返送すると、法務局では本人の意思確認が取れたと判断します。

□まとめ
今回は権利証の相続時の必要性と紛失した際の対処法について説明いたしました。
権利証は、相続の際には例外を除いて必要となりません。
また、紛失した場合でも上記のような方法での対処法があります。
相続の際に権利証を紛失してしまい、上記のような例外にあたる方や本人確認情報の作成をお考えの方は是非ご相談ください。

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう司法書士事務所
http://www.goto-office.biz/

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

ARTICLE

SEARCH

ARCHIVE