お役立ち情報ブログ

2018.12.01更新

「不動産を相続したけど、どのように活用していくのが良いだろう…」
このようなことでお困りの方はいらっしゃらないでしょうか。
「不動産をせっかく相続したものの、どのように活用していけば良いのかわからない」という方は少なくありません。
せっかく相続した不動産を空き家として放置しておくのも勿体ないですよね。
今回の記事では、不動産の活用方法でお困りの方へ向けて、名古屋の司法書士事務所が不動産の活用方法についてご説明します。

□不動産の活用方法

*建物を建てて貸す
利用していない土地がある場合、土地をうまく活用する方法として賃貸物件を建てることをおすすめいたします。
賃貸物件を建てることで毎月家賃収入が入ってくるため、非常にメリットが大きいです。
もし物件の管理が煩わしければ、管理会社に任せることができます。
また、既に建物がある場合には、賃貸として貸し出すのも良いかと思います。
建物が古くなっていれば、リノベーションすることで建物を生まれ変わらせることができます。
一から建物を建てるより、初期投資を少額に抑えることができます。

*土地を貸す
建物を建てる方法は長期的な収入が見込めますが、初期投資が大きい分リスクを伴います。
それに比べると、駐車場やコインパーキング、店舗に土地を貸す方法は少額の初期投資で始めることができ、リスクをより抑えることができます。
立地が良くなかったり、景気があまりいい時期ではないと土地を利用する人が現れにくいかもしれないので、収入に保証は見込めないかと思います。

*トランクルーム経営
トランクルーム経営とは、トランクルーム業者と共同で一般の利用者にスペースを貸し出す方式の土地活用です。
駐車場経営にも言えることですが、トランクルーム経営を行う場合は、水道・ガスの工事の必要が無いので、マンションの賃貸経営と比べると、初期投資が非常に少額で済む利点があります。
しかし、コンテナは継続的に使用することで建築物としてみなされるため、固定資産税が発生します。
また、土地を住宅用地として活用する場合は税制優遇措置を受けられますが、トランクルーム経営におけるコンテナでは受けられません。

□まとめ
今回は、不動産を相続した際の活用方法についてご説明しました。
少しでも活用できそうな情報をお伝えできたなら幸いです。
不動産を相続した際、そのままにしておくと維持費や税金で損をする可能性があります。
それを防ぐためにもしっかりと相続した不動産の活用を行うことをおすすめします。
もしかすると、生活を安定させることができるほどの収入を得ることができるかもしれません。
不動産を相続した際には、是非活用してみてはいかがでしょうか。

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう司法書士事務所
http://www.goto-office.biz/

投稿者: ごとう司法書士事務所

ARTICLE

SEARCH

ARCHIVE