お役立ち情報ブログ

2019.01.27更新

不動産はとても高価なものです。
高価なものであるがゆえに、相続ではトラブルとならないよう様々な手続きが必要になります。

 

相続といえば、親族間や親兄弟と争いになるイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。
不動産の相続は高価であることと、均等に分割相続しにくいことが理由で、しばしばトラブルが発生することもあるようです。
その際におすすめの方法は、売却してお金にすることです。
お金にすれば分配しやすくなるため、相続をトラブルなく無事に終えることができます。
ただ、お金に変えるために相続した不動産を売却する際は、注意が必要です。
今回はその注意点を解説します。

 

□相続した不動産を売却する時にはお金がかかる
実は、不動産を売却する際にはいくつかの税金や手数料がかかります。

 

*印紙税
不動産を売る際に売買契約書を作成する場合は、この書類に印紙を貼って印紙税を納めなければいけません。
万が一貼り忘れてしまうと罰金を支払う必要があるので注意してください。
税額は売買代金によって変わり、相続した不動産の値段が高ければ高いほど税額も増加します。

 

*不動産業者の仲介手数料など
不動産を売却する際には、おそらく専門的な知識をお持ちでない方は業者に依頼や相談をするかと思います。
その際にはもちろん手数料がかかります。
この手数料は「いくらにするべき」という決まりがありません。
そのため、業者によって値段が変わります。
また、業者によって不動産の価値の付け方が異なるので、いくつかの専門家に依頼することをおすすめします。
そうすれば業者選びで失敗する可能性が低くなります。
不動産業者の仲介手数料の他、土地の測量費用や登記費用などもかかります。
このように、相続した不動産を売却する時にはいくつもの費用がかかることを覚えておいてください。

 

□遺産分割の方法と注意点
遺産分割協議をして遺産分割を行う場合、その方法には現物分割、換価分割、代償分割の三種類があります。
不動産については、現金と違って相続人の間で簡単に分けることができません。
そのため、換価分割や代償分割が利用されることが多いようです。
ここでは、換価分割を行う上での注意点をご紹介します。
そもそも、換価分割とは、複数の相続人に公平に遺産を分割する際、遺産である不動産を現金に換えて分割する方法です。
換価分割を行う際の注意点は、まず遺産分割協議書に換価分割のことを明記する必要があることです。
また、換価分割を行うと、相続税だけでなく所得税も発生します。
ただし、住んでいた自宅を売却する場合は、3000万円よりも譲渡所得が小さければ、取得税は課税されません。

 

□まとめ
相続した不動産を売却する際の注意点を解説しました。
不動産の売却にはいくつかの費用がかかります。
また、売却を考えているなら相続の方法にも注意が必要です。
今回紹介した注意点は相続に関係する方全員が知っておかなければいけません。
そうすることで、相続した不動産を売却時のトラブル回避につながります。

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう司法書士事務所
http://www.goto-office.biz/

投稿者: ごとう司法書士事務所

ARTICLE

SEARCH

ARCHIVE