2013.04.26更新

【依頼者】 名古屋市昭和区在住 50代女性
【相談概要】 相続をした自宅の名義変更手続きが複雑で分からず、誰かにすべて任せたい。
【解決方法】 必要となる戸籍収集等の書類集めから、遺産分割協議書作成、法務局への名義変更手続きまですべて代行する。

突然、ご主人が亡くなられて、いろいろなことが一通り済んだので、今度は、自宅の相続手続きをしたいと思い、ご相談に来られました。

ご説明する中で、戸籍類の取り寄せや遺産分割協議書の作成など、面倒で専門的なことが多く煩わしいので、すべて依頼したいということになりました。

早速、戸籍類を取得し、相続人を確定させて、遺産分割協議書を作成しました。
この時も、できれば、登記を意識して協議書を作ると名義変更手続きはスムーズに進みます。
作成後、遺産分割協議書を依頼者の方にお渡しして、持ち回りで、署名捺印等をしていただき、最後は事務所に完成したものを送っていただきました。

その後、直ちに登記申請を行いました。
しかし、毎年4月は、法務局の処理が遅くなりがちです。
法務局職員も国家公務員ですので、人事異動やらで年度初めは業務が滞ります。
相続不動産の売却を予定しているなど、急ぎで名義変更をされる予定の方はご注意下さい。

登記申請完了後は、登記識別情報等の重要書類を私の方で冊子にまとめて、ご返却をして終了となりました。
最後に、名義変更無事が完了していることを登記事項証明書でご確認していただきました。