2013.05.07更新

 
【依  頼  者】 愛知県みよし市在住 60代女性
【相談内容】 他の相続人と遺産分割で話し合いがついていないので、法的なアドバイスがほしい。相続財産に不動産があるので、その名義変更もしたい。
【解決方法】 遺産分割協議については、任意で話し合いが難しかったので、裁判所の遺産分割調停を利用して解決しました。その後、無事、不動産の相続登記を行いました。


最初にご相談に来たときには、かなり、お困りでどうしようもない状況でした。表情も険しく、ストレスを抱えている様子でした。
一部財産を既に遺産分割しており、残りの財産を話し合っていましたが、お互いに折り合いがつかず平行線になっていたようでした。
そこで、法的なアドバイスを求めて、当事務所に来られました。

遺産分割協議については、今回は強制的に解決を図るしかないので、遺産分割調停を申し立てました。
その後、なんとかうまくまとめられましたので、ひと安心でした。
ただし、時間はかかってしまいました。

調停がやっと終わったので、次に残った名義変更の手続きを行いました。
これは、比較的スムーズです。
なにせ、他の相続人(調停の相手方となった方)の署名捺印はもとより、印鑑証明等の書面も一切必要ありません。
他の相続人の意思確認等は、すべて遺産分割の調停調書に記載されていますので。

以上で、相続については一区切りついてすっきりした様子でした。
最後に、依頼者の方に書類をお渡しした時の穏やかな表情がとても印象的でした。
平穏を取り戻せて本当に良かったと思います。

image1 image2

実際のアンケートはこちら


 【担当司法書士より】
アンケートのご記入ありがとうございました。
ご満足していただけたようで安心しました。

親切丁寧をモットーに、これからも安心をして任せられる司法書士になるべく努力を続けていきたいと思います。