2017.06.27更新

不動産を買うとき、買主様は自己資金以外にも銀行の融資を受けることが多いと思います。

今は、金利が低いですしね。

 

そこで、実際融資の審査ってどうなっているのでしょうか。

昨今は、人工知能(AI)のニュースも多いですが、例えば、以前から某政府系の金融機関では、融資審査は機械審査らしいです。

形式上、問題点を効率よくあぶりだしますが、特に問題なければ、人の細かいチェックを介さずに承認が下ります。

 

融資を受けるときってただでさえ、ドキドキしません?

職業や収入は大丈夫と分かっている人でも、もしかして引っかかったらどうしよう?

ダメだったらなんだか恥ずかしいぁとか。

 

こういう仕組みを知っていると、融資の通し方がわかります。

銀行がお金を出しやすいように段取りしてあげればいいんです。

こういうものにはやり方が存在するんですね。

 

親族、友達、親子及びご近所さんの売買など、他人間ではない特殊な売買で、不安な方は是非ご相談下さい。

何かお力になれる部分があると思います。

 

平成29年6月27日