2017.09.21更新

不動産を売ったり、買ったりするとき不動産会社に依頼すると思います。

離婚して使わないので自宅を売りたい。

借金を返済するために売りたい。

相続したけど、自分は家を持っており、使わないので売りたい。

いろいろです。

 

そんな時、どうやって探しますか?

ネット検索ですか?

新聞の折り込みチラシに入っている不動産会社にしていますか?

ポスティングで郵便受けに入っているところに電話しますか?

 

不動産売買には、不動産会社(宅地建物取引士)と司法書士が登場します。

自分の経験上、その両方の視点から言えることは、担当者もしくはその専門家が信頼するに値する人か否かだと思います。

 

大手不動産会社だろうが町の不動産屋さんだろうが関係ありません。

依頼者にアドバイスや助言をするのは、結局担当者です。

大手であれば、ある程度はマニュアルがあり、とんちんかんなことを言う担当者は少ないでしょうが、誰を見て仕事をしているかはわかりません。依頼者ではなく、上司や会社の顔を見て仕事をしていることだって十分あり得ます。大手は売上を上げないと生きていけませんから。この点は大手に限りませんが。

 

例えば、不動産の査定。

不動産会社が出す査定を鵜呑みにしていませんか?

これって結構危険です。

 

結論から言うと、不動産査定価格は通常一定の幅(相場のようなもの)の範囲の中から査定されることがほとんどです。

つまり、都合の良い数字をある程度並べることができます。

一定の幅の範囲内なら、間違いではありませんから。

プロから見ると、あの査定高めの査定だなぁと思うだけです。

くれぐれも査定をした会社がその価格で買い取ってくれるわけではなく、必ずしも売れる価格というわけではありませんので、お間違えなく。

 

よくあるパターンは、こんな感じです。

査定額が一番高い不動産会社に売却の依頼をするが、なかなか売れないので値段を下げた方がよいとのアドバイスを受けて、値下げをする。結局、別の会社が出していた査定額ぐらいで売れた。又は、値下げのアドバイスを断ると、その後放置されているようでなかなか売れない状態が続いた。終わってみないとわからない。怖いですね。

査定額を高く出して依頼を誘導するパターンです。

残念ですが、私自身そういった相談を受けることがあります。

 

先ほど、一番大切なのは「信頼」と言いました。

まさしくこれです。査定額や不動産取引の本音や実務をきちんと言って、わかった上で高めの価格設定をしていれば問題ないですが、目の前の担当者が本音を言っているかなんて誰にもわかりません。過不足なく不動産売買に必要な情報提供をしてくれているかも、普通はわからないと思います。そういう場合、絶対に悟られないようにしますから。

こういうことが至る所にちりばめられていますが、不動産取引に不慣れな一般の人は、通常、その良し悪しがわかりません。

そういう意味で、担当が知識や経験、人間的に信用できそうな人かどうかが大切です。

個人的には、この人なら悪いようには絶対しないと思える人に依頼をすべきだと思います。

 

会社の名前やCM等の宣伝、親戚や知り合いだからというだけで安心して、判断するのやめた方がよいです。

検討の結果、そういった会社がいいと思えればそれでいいんです。

 

昔から不動産取引には、トラブルや不信感がつきものです。

最近の若い人はそれほど抵抗感がないかもしれませんが、年を重ねた人は警戒心があると思います。

高額な取引で大金が動きます。そういうところには人の欲も動きます。

そういったことが関係しているんだと思います。

 

信頼できる人という点は、司法書士選びにも共通している気がします。

専門家が説明する法律や手続きの細かいことはわからなくて当然です。必ずしも全部を理解する必要はないと思います。

ある程度大きな流れを理解して、あとは、この人なら大丈夫かなと思えるか否かではないかなと感じます。

信頼と安心でしょうか。

実際に自分が依頼をするときのことを考えると、きっとそうだと思うんです。

 

皆さんはいかがでしょうか。

ご参考までに。

 

平成29年9月21日

 

 

 

 

 

 

2017.09.21更新

不動産を売ったり、買ったりするとき不動産会社に依頼すると思います。

離婚して使わないので自宅を売りたい。

借金を返済するために売りたい。

相続したけど、自分は家を持っており、使わないので売りたい。

いろいろです。

 

そんな時、どうやって探しますか?

ネット検索ですか?

新聞の折り込みチラシに入っている不動産会社にしていますか?

ポスティングで郵便受けに入っているところに電話しますか?

 

不動産売買には、不動産会社(宅地建物取引士)と司法書士が登場します。

自分の経験上、その両方の視点から言えることは、担当者もしくはその専門家が信頼するに値する人か否かだと思います。

 

大手不動産会社だろうが町の不動産屋さんだろうが関係ありません。

依頼者にアドバイスや助言をするのは、結局担当者です。

大手であれば、ある程度はマニュアルがあり、とんちんかんなことを言う担当者は少ないでしょうが、誰を見て仕事をしているかはわかりません。依頼者ではなく、上司や会社の顔を見て仕事をしていることだって十分あり得ます。大手は売上を上げないと生きていけませんから。この点は大手に限りませんが。

 

例えば、不動産の査定。

不動産会社が出す査定を鵜呑みにしていませんか?

これって結構危険です。

 

結論から言うと、不動産査定価格は通常一定の幅(相場のようなもの)の範囲の中から査定されることがほとんどです。

つまり、都合の良い数字をある程度並べることができます。

一定の幅の範囲内なら、間違いではありませんから。

プロから見ると、あの査定高めの査定だなぁと思うだけです。

くれぐれも査定をした会社がその価格で買い取ってくれるわけではなく、必ずしも売れる価格というわけではありませんので、お間違えなく。

 

よくあるパターンは、こんな感じです。

査定額が一番高い不動産会社に売却の依頼をするが、なかなか売れないので値段を下げた方がよいとのアドバイスを受けて、値下げをする。結局、別の会社が出していた査定額ぐらいで売れた。又は、値下げのアドバイスを断ると、その後放置されているようでなかなか売れない状態が続いた。終わってみないとわからない。怖いですね。

査定額を高く出して依頼を誘導するパターンです。

残念ですが、私自身そういった相談を受けることがあります。

 

先ほど、一番大切なのは「信頼」と言いました。

まさしくこれです。査定額や不動産取引の本音や実務をきちんと言って、わかった上で高めの価格設定をしていれば問題ないですが、目の前の担当者が本音を言っているかなんて誰にもわかりません。過不足なく不動産売買に必要な情報提供をしてくれているかも、普通はわからないと思います。そういう場合、絶対に悟られないようにしますから。

こういうことが至る所にちりばめられていますが、不動産取引に不慣れな一般の人は、通常、その良し悪しがわかりません。

そういう意味で、担当が知識や経験、人間的に信用できそうな人かどうかが大切です。

個人的には、この人なら悪いようには絶対しないと思える人に依頼をすべきだと思います。

 

会社の名前やCM等の宣伝、親戚や知り合いだからというだけで安心して、判断するのやめた方がよいです。

検討の結果、そういった会社がいいと思えればそれでいいんです。

 

昔から不動産取引には、トラブルや不信感がつきものです。

最近の若い人はそれほど抵抗感がないかもしれませんが、年を重ねた人は警戒心があると思います。

高額な取引で大金が動きます。そういうところには人の欲も動きます。

そういったことが関係しているんだと思います。

 

信頼できる人という点は、司法書士選びにも共通している気がします。

専門家が説明する法律や手続きの細かいことはわからなくて当然です。必ずしも全部を理解する必要はないと思います。

ある程度大きな流れを理解して、あとは、この人なら大丈夫かなと思えるか否かではないかなと感じます。

信頼と安心でしょうか。

実際に自分が依頼をするときのことを考えると、きっとそうだと思うんです。

 

皆さんはいかがでしょうか。

ご参考までに。

 

平成29年9月21日