2015.01.25更新

現在、継続している後見案件で、土地や建物といった不動産の売却を検討する場合は結構あります。
私自身、リーガルサポートと言って、司法書士だけで構成する成年後見制度を支援する公益社団法人に属しています。

後見申立ての理由の一つに、ご本人様の不動産を売却するため、と言った理由があります。

施設に入ってしまって、使う予定がないので、固定資産税や草刈り等の管理の手間等を考えると所有していてもしょうがない。
または、賃料収入のための投資用物件を所有しているが、採算が合わない状態なので、売却したい。

いろいろです。

でも、後見人としては、ご本人様にとってどうなのか、これが判断基準になります。
ご本人様の代理人ですから、仕方ありません。
したがって、奥様やお子様、親族の方のために不動産を処分するといったことは、できないことが多いです。
扶養義務があるとか、特殊な事情があるとか、ご本人様が明らかに望んでいたとか、そういった理由があれば、売却は可能です。

正直、ケースバイケースなので、絶対に売れるとか、売れないとか言い切ることはできません。
総合的に判断しますので。

ある司法書士の方は、後見案件は、ある程度専門にやっている司法書士でないと、なかなか扱えないと言い切る方もいます。
でも、知識だけでは通用せず、ある程度実務上の経験がいる分野なので、そういう側面は結構あります。
私自身、後見人として、他から実務とは違う取扱いの説明を受けたと相談されることがあります。

相続を取り扱っていれば、後見も大丈夫。
そういったものでもありません。

私も日々苦労しながら、後見実務と向き合っています。

平成27年1月25日

2013.03.19更新

ある方の破産手続きをお手伝いした時の話です。

ある借金にお母さんが保証人になっていました。
ご本人さんは無事破産したので、通常、債権者は、保証債務の支払をお母さんに請求します。

しかし、その方はご高齢でしかも、認知症。
後見制度は利用していませんが、施設で暮らしています。

それを知ってか知らずか、債権者も郵送で請求書を一度送ったっきり、何もしてこないそうです。
支払える財産もない方なので、仕方ないケースでした。

もし、このお母さんが無くなれば、保証債務を破産したご本人さんが相続します。
だから、ゆくゆくは、相続放棄が必要ですね。と話していました。
母親に借金の請求がいくって切ないですね。
しかも、その母親は認知症。
息子のこともわからない。

色々考えさせられます。

平成25年3月19日

2012.11.24更新

ある方で、自己破産をした人がいました。
破産をして、チャラにした借金の中に、高齢の母親が保証人をしていた者がありました。
破産手続きでは、保証人の借金はそのまま残りますので、お母様は返済をしなくてはいけなくなります。

しかし、お母様は認知症で施設に入所しており、財産もありません。
ただし、いずれは相続が発生して、その借金を引き継ぐか否かを選択しなくてはいけないかもしれません。
借金が消滅時効していることもありますが。

ご参考までに。

平成24年11月24日

2012.11.14更新

相続放棄を家庭裁判所に申立てをすると、後日、申立人に対して、裁判所から郵便が届きます。
今回申し立てた相続放棄は間違いないですかという内容の書面が届きます。

相続放棄は、マイナスだけでなくプラスの財産も相続しなくなります。
相続人ではなくなりますので、被相続人の方の財産は他人の財産と同じになります。
人の財産を勝手に処分で気なのと同様に、被相続人の財産も処分する権限はなくなります。
この点は注意が必要です。

相続人ではないのに、相続人であるかのように処分をすると、相続放棄自体が認められなくなる可能性があります。
あたりまえな話かもしれませんが、見落としがちです。

平成24年11月14日

2012.11.09更新

先日、相続放棄相談でこんな話がありました。

どうも亡くなった方が、訪問販売でだまされて、高額商品を買わされていたり、実印や印鑑証明書を取られたりしたようでした。
結局、借金がいくらかも分からない状態です。
こうなると、よほどプラスの財産がない限り、相続放棄をした方がいいでしょうね。
怖いですから。

今でも、こんな話があるんだなぁと思いました。
そうなると、身内の方がしっかり面倒をみるか、成年後見制度を利用するしかないでしょう。

いつの時代にも楽して儲けようとする人間はいるものです。
気をつけないといけないですね。ほんと。

平成24年11月9日

2012.11.05更新

相続放棄に3カ月以内という期限があることを知っている人は、それほど多くないと思います。
しかし、中には、用意周到にご相談に来られる人もお見えです。

「あと1カ月あるから依頼しても大丈夫ですよね」とか。

最近は、情報がネットや書籍など、あふれていますので、手間暇かけて調べようと思えばいくらでも調べられます。
便利な世の中ですよね。

ただし、そういった媒体は、原則的な話しか載っていないのも事実です。
相続などの法律問題は、個別具体的に判断すべきケースが多いので、なかなかそういった媒体の情報では、判断に迷うことがあると思います。間違うとえらいことになりますしね。

また、ネットの情報は、話し半分で参考程度にみておいた方がいいかなという感じもします。
いろいろな人が、様々な意図で掲載しています。
特に発信元はよく確認した方がいいでしょう。

私の経験上でも、これは・・・というものを見かけたことがあります。
ご参考までに。

平成24年11月5日

2012.09.25更新

相続相談でも、相続放棄の場合は、時期を気にします。

原則、被相続人の方が亡くなってから3カ月以内に家庭裁判所に申立てをしなくてはいけませんので。
最初に相続放棄の相談を受けると、まず亡くなった日をお聞きしています。

上記期間は、経過しても相続放棄が認められる場合もありますので、もし、3カ月を越えて相続放棄をご検討している方がお見えでしたら、一度ご相談下さい。
たとえば、3カ月を経過した後、知らない会社から突然請求書が届いたり、電話で支払の請求が来た場合など、やむを得ない事由があれば、認められます。

個別のケースごとの判断となりますので、詳細は一度ご相談下さい。

平成24年9月25日

2012.06.29更新

亡くなったご両親に実は借金があったら。。。

こんなときは「相続放棄」の出番です。

これは、最初から亡くなった方の相続人にならないことにする手続きです。
原則亡くなってから3カ月以内、例外的に借金があることを知ってから3カ月以内に手続きをしなければいけません。

また、そもそも相続人ではなくなるので、亡くなったからが資産を持っていても相続することはできません。
プラスの財産だけを相続して、マイナスの借金だけを放棄することではないので、注意が必要です。
その辺りは、他の解決方法もあるので、別途ご相談下さい。

ある日、突然亡くなった方宛に、消費者金融やサラ金から返済の督促状が届いたら・・・
相続放棄をまず検討しましょう。
手続きできるリミットがありますので、ご相談はお早めにされた方がいいと思います。

平成24年6月29日

2012.01.10更新

最近の相談より

「父が亡くなったが、借金があるかもしれないので、相続放棄をしたい。」

お気持ちは分かります。
ある日突然、知らない金融機関から督促状のようなものが届く話をどこかで聞いていると、もしかして・・・と心当たりがあれば、先手を打っておきたい。
特に相続するプラスの財産がなければ、そのように考えても不思議ではありません。

過去にもそういう方はいました。
身近で借金を相続させられた話を聞いていると、そうなるでしょう。

私が放棄したらこの借金はどうなるかなど、疑問質問がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

平成24年1月10日

2011.12.09更新

「相続を放棄する」って一般的に言いますが、その場合、注意が必要です。
そもそも相続人にならないことを意味する「相続放棄」であれば、家庭裁判所にその旨手続きしなければいけません。

単純に遺産分割の際に、遺産は何もいらないという意味での放棄ならば、遺産分割協議や相続分の譲渡などを使って、処理できます。専門家が相続放棄と言えば、通常前者を意味します。

ややこしいですが、使い分ける必要があります。
法的な意味が全然違ってきますので。

平成23年12月9日
前へ