お役立ち情報ブログ

2011.10.31更新

ある相続手続の依頼者の方で、とても印象的な方がいました。

話をお聞きするかぎり、とても優しく、多方面に配慮をしていて、何だか心が洗われる思いでした。
いつも思うんですが、誰かにふと優しくされると、そんな優しさを持ち合わせていない自分が妙に恥ずかしくなったりします。
そのたびに、いかんいかんと戒めます。

誰しも、忙しくしていると、どうしても、イライラしたり、そんなつもりはなくても冷たくしてしまったり。。。
意図的ではなくても、よくないですよね。こういうことは。
私も気をつけないと。

平成23年10月31日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.10.30更新

先日、遺言作成のご依頼をいただいた時にふと思いました。

「このケースで、自分が遺言をするならどうするかな。」

基本的には、依頼者の方の要望に沿うように常に考えて仕事をしていますが、「自分ならこうする」とか、「自分ならこう思う」といったことを考えることも大切な気がしました。ただ、いつもそのように考えることができているようで、できていないというか。。。

そういう視点があった方が、より主体的に依頼者の方に提案がしやすいのかなと。
ただし、こちらがでしゃばり過ぎてはいけませんから、バランスが難しいんですが。。。
開業当初から、そのような悩みはありましたが、改めて感じました。

営業や接客方法を、もっと勉強しなくてはいけないと痛感します。

平成23年10月30日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.10.27更新

遺言・相続のご相談は気を使うことが多いです。

かなり突っ込んだ話になることも多いですし、どこまで聞いてよいものやら迷うときが少なからずあります。
もちろん必要なことはお聞きするのですが。

相続問題は、なかなか相談する相手に困ることも多いでしょうし、難しいですね。
直接仕事には関係ない話を1時間ぐらいしていたこともあります(笑)

誰かに話をすることで前進することもあります。
ご相談はお気軽にお申し付け下さい。

平成23年10月27日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.10.13更新

原野商法と呼ばれるものがありました。
今ではあまり聞きませんが。

相続する不動産にそれで購入した可能性が高いものがあり、困っています。
投機的な目的で購入したんでしょうが、二束三文ですから。
売るに売れません。

相続人の方もなくなって初めて知ったそうで、とても驚いていました。
亡くなった後に気付くことは結構あります。
良いことであればいいんですが。

平成23年10月13日

投稿者: ごとう司法書士事務所

SEARCH

ARCHIVE