お役立ち情報ブログ

2011.11.30更新

自宅の土地や建物などの不動産を相続する場合、相続税のようにいつまでに手続きをしなければいけないという期限はありません。
いつやってもいいことになっています。

ただし、放置しておくとめんどくさいことになることもしばしば。
住民票の除票など、区役所等で亡くなってから保存されている期間(5年間)が短いものもあります。
その期間が過ぎれば、代わりのものが必要となります。
また、対外的に自分の所有物だというためには、通常、登記名義がなければ、主張できないことが多いです。

いずれは誰かがしなくてはいけないものですから、めんどくさいことの先送りです。
そうなれば、お子様などのさらなる相続人の方の負担になるわけです。
そこまでいくと、相続人間でそれほど親しくないこともあり、遺産分割協議がもめがちです。
事情もよく知らない者同士での話し合いですから、法定相続分を譲らないことも多く、自宅を売却しなければいけなくなったり、柔軟な解決はどんどん難しくなります。

「今日できることは今日のうちにやっておく」そんな感じでしょうか。
ご注意下さい。

平成23年11月30日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.11.29更新

相続が開始して、遺産分割の話になると、相続人の一人が主導となり、協議書案を提示されることがよくあります。
しかし、他の相続人の方がそれには納得できず、これは妥当なのか司法書士などの専門家へ相談されます。

こうなると、究極は裁判所してまで争うか否かです。
調停でも裁判でも、裁判所を使う手続きは手間も費用もかかります。
こういう話になると、相続人のうち何人かは早く現金がほしかったりします。
お互いの腹の探り合いになるかもしれません。

生前、亡くなった方をどのように想い、行動していたかは、相続人の方それぞれだと思います。
自分は被相続人のためにこんなに尽くしたから、これだけもらっても当然だとか。
人は見返りを求めます。
普通のことかもしれません。

相続に限らずですが、法律相談を受けていると、考えさせられることが多々あります。
法律相談に来られる方は、敷居が高そうな専門家に思い切って相談に来る方です。
高い報酬をたられるんじゃないかと考えながら、それでも、不満がたまったから、どうしようもなく行動に移されていると思います。
お互いに法律を主張する場は、喧嘩をしているのと同じです。
暴力等の実力行使を伴わないだけです。

世の中難しいですね。
あのとき、もう少し思いやりのある言動があれば、こんなことになっていなかったのに・・・と思う場面があります。
結果論ですけどね。

今年3月の大震災で改めて感じました。
もっと単純に皆が互いを思い合って生きれないのかなと。
目の前に困った人がいるから助ける。助けるのに理由はいりません。
でも、誰しも自分が一番ですから、難しいんですよね。

悩むぐらいなら、お気軽に話をしに来て下さい。
相談は無料ですので。

平成23年11月29日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.11.29更新

最近、家族葬が流行っているようです。

多くの人を呼んで盛大に行うより、本当に想ってもらえる人だけで最期を送りだそうというものです。
多くの人を呼んで会場を借りて葬儀を行うと、準備等で追われて故人を想うより、何とか無事に葬儀を終えることに精一杯ですよね。
また、葬儀費用の面では、香典がありませんから、返って葬儀費用が高額になることもあります。
仕事や親戚の関係で声をかけないと、あとあと気まずくなる人もいるでしょうし。

やっぱり、相続って事前にある程度準備しておかないと大変です。
亡くなった後は、待ったなしでやらなければいけないことが発生しますので。

平成23年12月5日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.11.25更新

先日、相続放棄のご依頼がありました。

「急に見知らぬところから内容証明で請求書が届きました。
どうも、遠い親戚が借金を残して亡くなったみたいです。
亡くなってから、3カ月経過しています。
相続放棄はできますか?」

原則的には、難しいように見えますが、このような場合にも相続放棄の手続きが可能なことは多いです。
ただし、ケースバイケースですので、このような場合、請求書などを持って、すぐに専門家に相談してみるといいと思います。

解決策が見つかるはずです。

平成23年11月27日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.11.24更新

昨日、ニュースステーションをテレビで見ていると、テニスの錦織圭選手のインタビューがやっていました。
今年の3月の震災でパワーをもらって頑張れたと言っていました。
結果も、世界のトップを狙えるものになっています。

百戦錬磨のプロの世界の、さらにその一線で活躍している人が気持ひとつでさらなる高みに到達できる。
人の気持ちは大事ですね。
考え方や気持ひとつで、幸せにも不幸にななれる気がします。
プロの世界でもそれだけ違いが出るんだから、僕らみたいな庶民はもっと簡単に満足や幸福感を得られる気がします。
気持ち次第で、いかようにもなれる気がします。

気持ちに変化をつけるにも、何かきっかけがあるといいですよね。
人の出会い、環境の変化など。

昨日は何だか元気をもらいました。

平成23年11月24日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.11.18更新

先日、HNKのプロフェッショナルでサッカー日本代表の本田 圭佑選手が出演していました。

「俺ならできる」

何か壁にぶつかり、弱気になったとき、彼は そう言い聞かせて努力を重ねたそうです。
理想の自分に近づくために何が足りないかを考え、そのために今何をしなくてはいけないか。才能やセンスのある人間をどうすれば追い越せるか。

一流のプロ の中でトップに立とうとし、結果を出してきた人の言葉には説得力があります。

意識が高いですね。
私より若いのに。

この話を聞いていて、司法書士試験の受験生だった頃を少し思い出しました。本田選手とは次元が違いますが、似た感覚は持っていました。
私の場合、25歳の時に、落ちたら諦めて就職して働こうと考えていました。もともと短期合格しか許されない環境でしたので。
勉強しましたね。
アホなくらい。

ストイックになっていたので、人を寄せつけない雰囲気があったと思います。仲間と一緒にいたら受からないなと思って、受験仲間は作りませんでした。その人たちがどうこうではなくて、自分が甘えそうなので。自分に厳しくなると、どうしても人にも厳しくなってしまいます。恵まれた環境で甘えている人を悪く思ってしまったり。。。

うまくいかないときには、自分は出来ると自己暗示して、呪文のように言い聞かせていました。そうでもしないと自分が自分でなくなるというか。精神がおかしくなりそうでしたから。
自信が揺らいだ時に、どれだけ自分を信じて進めるか。
そこが、結果が出るか否かの違いなんでしょうね。
シンプルですけど、それを貫くのは相当大変なことです。

平成23年11月18日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.11.16更新

遺産でたまにあるケースで、こんな話があります。

隠し子などが分かり、亡くなったご本人様とは生前無縁の方が急遽相続人であることが判明する場合です。
このような場合は、要注意と言えます。
その方への連絡のとり方によっては、遺産分割がもめるからです。

別に相続人だと思っていなかったので、遺産なんて貰うつもりがない方でも、電話などでいきなり「印鑑を押せ」だとか、「委任状に署名しろ」とか言われると、気分を害して、意固地になり、非協力的になるからです。

些細なことかもしれません。
たまたま最初の連絡の仕方が、唐突でぶっきらぼうだったとか。
だから、最初の連絡の際には、細心の注意が必要です。

何度か、上記のようにして遺産分割がうまくいかなかったことがありました。
お金が絡む話ですので、神経質になる必要があると言えます。

平成23年11月16日。

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.11.14更新

どんなに兄弟で仲がよくても遺産相続になると、もめることはあります。
やはり、利害が絡むと。。。
逆に言うと、その人の本心みたいなものが垣間見れるかもしれません。

一般の感覚と法律の規定が違っていることもあります。
やはり、一筋縄ではいかないのが相続です。

そんなときは、まず誰かに話を聞いてもらうことからはじめてみませんか。
相談だけでも遠慮なくお申し付け下さい。

平成23年11月14日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.11.08更新

今日は、公証役場へ会社の定款認証手続に行っていました。
風が強く、自転車がなかなか前に進まず。。。

ところで、私の事務所の周りは、オフィス街です。
似たようなビルが並んでいるので、事務所の場所を説明するときに苦労します。
場所は、栄の北の方で、東急ハンズが入っているアネックスのビルの北西です(笑)

ビジネスホテルもたくさんあり、大通りから少し小道に入ります。
私自身、それほど地理を熟知していないのがいけないのですが。

グーグルマップを参考にしていただければ、一番正確です。
もし迷っても、電話いただければ、ご案内しています。
特に仕事帰りなど、暗い時間帯に相談でお越しいただく場合、土地勘がないと分からないと思います。
いつも皆さんには電話でご案内していますので、迷ったら遠慮なく聞いて下さい。

平成23年11月8日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.11.07更新

相続手続きは、大変ですね。

いろいろな決定が待ったなしで迫ってきます。
葬儀に始まり、49日の法要、住宅ローンの承継、相続放棄の判断、遺産分割、準確定申告、相続税の申告。。。

ただでさえ、亡くなったことで落ち込んでいるのに次々にやることが発生します。
逆に考えれば、やることがあるので気が紛れるとも言えますが。

いずれにしても、遺族の協力がないと大変です。
これらを一人でやろうとすれば、頭がパンクしそうになります。

疑問質問がありましたら、お気軽にご相談下さい。
少しでもお力になれたらと思います。

平成23年11月7日

投稿者: ごとう司法書士事務所

前へ

SEARCH