お役立ち情報ブログ

2012.04.26更新

今日は、一日雨でした。
しかも、結構寒かったですね。
気温差があるので、風邪には気をつけないと。

東日本大震災で延期された、相続税の件ですが、今度は国会を通過するんでしょうね。
そうなると、基礎控除が「3000万円+600万円×法定相続人の数」になりそうです。
これでも、それなりの資産をもつ場合の相続ですが、相続税を納める方が増えることは間違いありません。

そうなると、不動産だけが相続財産の場合、相続人の方は、現金がなくて相続税を納められないかも知れません。
相続対策がより身近な問題になりそうです。

税制改正は、今後も引き続き注目していきましょう。

平成24年4月26日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.20更新

未成年後見の話

未成年者の子の親権者がいなくなった場合、この未成年者の面倒をみる人が必要となります。
親権者が、遺言書で未成年後見人を指定するか、家庭裁判所に申立てをして選任してもらう必要があります。

未成年後見の利用は、それほど多くありませんが、親権者の方が自分がいなくなった後のことが心配な場合は、この利用を検討してもいいかもしれません。
自分の財産の遺言と一緒に、未成年後見人を定めておくこともできます。

ご参考までに。

平成24年4月20日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.17更新

相続しても処分できない、売れない不動産って結構あります。
相続人の方がそのお家に住むのであれば、問題ありませんが、売却を前提にするとなると、実際売れなくては、不動産の維持管理費がかかってきます。固定資産税とか。。。

たまにこういったケースがありますが、生きているうちに処分して現金化する方が無難なんでしょうね。
なかなか難しいとは思いますが、相続人のことを考えるとそうなります。

当事務所では、家、土地を売る場合にもお手伝いが可能です。
不動産の売買仲介を専門とするグループ会社がありますので、ご相談いただければ、相続に関する法律問題や名義変更手続き、売却の仲介等、相続に関する問題をトータルにサポートできます。

ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.14更新

生憎の雨で、桜はすっかり、散ってしまいましたね。
毎年見ごろの時期は短いんですが、毎年さみしい気持ちになります。

専門家の相談相手を選ぶ時、皆さんは何を優先しますか。

事務所の規模ですか、代表の司法書士や弁護士の経歴ですか。
その他にも、事務所の場所、報酬額、事務所の雰囲気などいろいろな要素があると思います。

報酬額はどこにお願いしても、そこまで大きくは違わない気がします。
あとは、実際に担当してくれる人が大切なのかなと感じています。
代表の人なのか、事務員さんばかりなのか、それとも。。。

好みでしょうけど、フットワーク軽く責任をもって対応してもらった方が依頼者の方にとっては、安心できるかなと思います。
そこで、私自身は、事務所の規模よりも、そういった接客ができる事務所を目指しています。

平成24年4月14日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.12更新

東日本大震災で、遺言の相談件数が増えているとか。

いつ自分がどうなるかなんてわからない。
こんな風に感じた方が多かったのだと思います。

確かに、そのうちに・・・と考えていると、結局億劫になりますよね。
「今日やれることは、今日のうちにやる」じゃないですけど、思い立った時に行動した方がいい気がします。

突然の不幸に追い打ちをかけるように相続問題が発生してしまっては、大変です。
まずは、どんなものか専門家に話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか。

平成24年4月12日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.06更新

相続をした自宅をもて余す方は結構お見えです。

実際、これまで自分で住宅ローンで購入している方も多いでしょうし、それまでの生活基盤があるので、いきなり別の土地の不動産を手に入れても困ってしまいます。
そうなると、売却を検討することになりますが、遺産分割も絡んできたり、相続税も考える必要があるかもしれません。

単純に不動産屋さんに相談するより、まず法律や税務の専門家へご相談した方がいいかもしれません。
そんなときは、司法書士や税理士さんを利用したらいいと思います。

当事務所では税理士さんやグループの不動産会社で、相談から売却まですべてをサポートすることが可能です。
お困りの方は、お気軽にご相談下さい。
相談は無料です。

平成24年4月6日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.05更新

先日、相続のある相談をお受けしました。

離婚まであと1年ぐらいかかりそうだから、その間自分が死んでも夫へ相続させない為にはどうしたらいいですか。
子供には相続させたいけど、夫には一円も渡したくない。
ご相談者の奥様が自分のご両親から多額の財産を相続していることを夫は知っていて、それを狙っているようでした。

離婚すれば、問題ありませんが、それまでに何かあった場合の相談でした。
生前贈与や遺言など具体的にお話をしました。

法律論もそうですけど、実際の現場での立ち振る舞い方も大切だなと思いました。
こちらの動きを悟られないようにしなくてはいけませんし。

今回はうまく財産を分散させられそうなのでよかったです。
相続って、いろいろな方面に問題が波及するので、とても気を使います。

平成24年4月5日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.04更新

相続した家や土地の処分で困っている方は必見です!!

不動産の売却を専門に扱っている当事務所のグループ会社がありますので、ご相談いただければ、法律相談から不動産の売却、名義変更までトータルにお手伝いができます。

税金のご相談もご希望であれれば、税理士さんも交えてのご相談も可能です。
相談は無料ですから、お気軽にご相談下さい。

ご希望の方は、まず、当事務所へご連絡下さい!!

平成24年4月4日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.03更新

相続ってなかなか身近な人には相談しにくいかもしれませんね。

財産など自分のことをさらけ出しますし、家族関係も説明する必要があるかもしれません。
相談するくらいですから、何か不具合があるのが通常でしょうし。

そんな時こそ、利害関係のない第三者である専門家をご利用下さい。

司法書士は、遺言書作成や家、土地の名義変更など、相続手続きの専門家です。
相談も無料ですので、お気軽にご利用下さい。

平成24年4月3日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.03更新

相続ってなかなか身近な人には相談しにくいかもしれませんね。

財産など自分のことをさらけ出しますし、家族関係も説明する必要があるかもしれません。
相談するくらいですから、何か不具合があるのが通常でしょうし。

そんな時こそ、利害関係のない第三者である専門家をご利用下さい。

司法書士は、遺言書作成や家、土地の名義変更など、相続手続きの専門家です。
相談も無料ですので、お気軽にご利用下さい。

平成24年4月3日

投稿者: ごとう司法書士事務所

SEARCH

ARCHIVE