お役立ち情報ブログ

2012.04.27更新

「まず出来ないと思わない」

草刈民代さんがあるテレビでおっしゃっていました。
何か新しいこと、困難なことに挑戦するときは、そう思うようにしているそうです。

この言葉、妙に心に残りました。

今までもこれは絶対に無理だなと思ったことに挑戦したときがありましたが、その時は自分ならできると自分に言い聞かせて、自己暗示をかけていました。不安な気持ちでは、一直線に努力できないので、集中するためにもそうしました。
なんとなく、その頃の自分を思い出しました。

歳をとっても、常に新しいことに挑戦するバイタリティはすごいですね。
何か新しいことをやり始めるのに、年齢なんて関係ない。
やりたいと思ったときがスタート。
そんな気持ちにさせてくれます。

平成24年4月27日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.26更新

今日は、一日雨でした。
しかも、結構寒かったですね。
気温差があるので、風邪には気をつけないと。

東日本大震災で延期された、相続税の件ですが、今度は国会を通過するんでしょうね。
そうなると、基礎控除が「3000万円+600万円×法定相続人の数」になりそうです。
これでも、それなりの資産をもつ場合の相続ですが、相続税を納める方が増えることは間違いありません。

そうなると、不動産だけが相続財産の場合、相続人の方は、現金がなくて相続税を納められないかも知れません。
相続対策がより身近な問題になりそうです。

税制改正は、今後も引き続き注目していきましょう。

平成24年4月26日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.25更新

ある書籍より
「いろいろと教えても吸収出来る人と出来ない人がいる。その分かれ目は本人に興味や関心があるかどうか。人は自ら求めたとき、吸収力が最も高くなります。」

自分の過去を思い返しても、そのとおりだなと思いました。

学生の時、銀行の時、事務所勤務時代など。

主体的に動かないといけない現在なら、なおいっそう理解できます。

サラリーマンでそのような感じで動ける人がいわゆる「デキル人」なんでしょうね。
私は、そういう意味では、「デキル人」ではなかったと思います。
今の感覚からすると、あの頃は全然本気さが足りなかったというか。。。
仕方ない部分もありますが、難しいところですよね。

平成24年4月25日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.20更新

未成年後見の話

未成年者の子の親権者がいなくなった場合、この未成年者の面倒をみる人が必要となります。
親権者が、遺言書で未成年後見人を指定するか、家庭裁判所に申立てをして選任してもらう必要があります。

未成年後見の利用は、それほど多くありませんが、親権者の方が自分がいなくなった後のことが心配な場合は、この利用を検討してもいいかもしれません。
自分の財産の遺言と一緒に、未成年後見人を定めておくこともできます。

ご参考までに。

平成24年4月20日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.19更新

暖房も要らなくなり、窓から流れる風が気持ちいい季節ですね。
ただし、私はまだ花粉症があります。。。

今日、事務所へ出勤する途中、道路わきに咲いている花を携帯で写真に撮っている人を見ました。
何となく目にとまったんですが、ふと、うらやましいというか微笑ましい光景に見えました。
最近は、自分に余裕がなくて、日常の中であんな風に落ち着いた時間が過ごせていないなと思いました。

本当は、ああいう当たり前の中に楽しさとか幸せを感じる方が、良い生き方なんだろうなと思います。
お金をかけて、おいしいものを食べたり、贅沢なホテルに泊まったり、それはそれでたまにはいいかもしれませんが、そういったことに幸せを求めては、上限がない気がします。

自分をうまくコントロールして、何に幸せを感じられるかを間違わないようにしないとなと改めて感じました。

平成24年4月19日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.18更新

もうすぐゴールデンウィークですが、皆さんは予定が決まっていますか。
昨年は震災の影響で、旅行等を差し控える傾向がありましたが、今年はその影響はないみたいですね。
東北地方に旅行に行ってみるのもいいかもしれません。
私は、恐らく仕事が。。。

さて、先日ある記事が目にとまりました。

「YesかNoしかない。
成功したいか、成功したくないか。成功するか、成功しないか。
成功したいけどはない。」

プロスポーツ選手の特集記事でした。

ストイックに自分を追い込んで、極限の中で結果を出す。
本当に大変なことです。

会社を経営されている方も同じかと思います。
社員とは違い、プライベートな時間も削り、ポケットマネーで資金繰りをし、心配で夜中目を覚ます。。。
追っている責任が重い分、毎日神経を使っていおられると思います。

スポーツにしろ仕事にしろ、プロとは厳しい世界ですね。
改めてそう思いました。

平成24年4月18日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.17更新

相続しても処分できない、売れない不動産って結構あります。
相続人の方がそのお家に住むのであれば、問題ありませんが、売却を前提にするとなると、実際売れなくては、不動産の維持管理費がかかってきます。固定資産税とか。。。

たまにこういったケースがありますが、生きているうちに処分して現金化する方が無難なんでしょうね。
なかなか難しいとは思いますが、相続人のことを考えるとそうなります。

当事務所では、家、土地を売る場合にもお手伝いが可能です。
不動産の売買仲介を専門とするグループ会社がありますので、ご相談いただければ、相続に関する法律問題や名義変更手続き、売却の仲介等、相続に関する問題をトータルにサポートできます。

ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.14更新

生憎の雨で、桜はすっかり、散ってしまいましたね。
毎年見ごろの時期は短いんですが、毎年さみしい気持ちになります。

専門家の相談相手を選ぶ時、皆さんは何を優先しますか。

事務所の規模ですか、代表の司法書士や弁護士の経歴ですか。
その他にも、事務所の場所、報酬額、事務所の雰囲気などいろいろな要素があると思います。

報酬額はどこにお願いしても、そこまで大きくは違わない気がします。
あとは、実際に担当してくれる人が大切なのかなと感じています。
代表の人なのか、事務員さんばかりなのか、それとも。。。

好みでしょうけど、フットワーク軽く責任をもって対応してもらった方が依頼者の方にとっては、安心できるかなと思います。
そこで、私自身は、事務所の規模よりも、そういった接客ができる事務所を目指しています。

平成24年4月14日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.13更新

草食系男子って言葉があると思いますが、「ロールキャベツ系男子」「アスパラベーコン系男子」という言葉もあるんですかね。
今日車でラジオを聞いていたら、そんな話が出ていました。

「ロールキャベツ系男子」は、外見は草食系、中身は肉食系。
「アスパラベーコン系男子」は、外見は肉食系、中身は草食系。
ここまでくると、もうどうでもよくなりそうですが(笑)

型にはめられるのが好きでない私は、こういう言葉はあまり好きではありません。
マスコミの話題作りにはいいんでしょうけど。
いろいろなことを考える人がいるんだなぁと思いました。

平成24年4月13日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.12更新

東日本大震災で、遺言の相談件数が増えているとか。

いつ自分がどうなるかなんてわからない。
こんな風に感じた方が多かったのだと思います。

確かに、そのうちに・・・と考えていると、結局億劫になりますよね。
「今日やれることは、今日のうちにやる」じゃないですけど、思い立った時に行動した方がいい気がします。

突然の不幸に追い打ちをかけるように相続問題が発生してしまっては、大変です。
まずは、どんなものか専門家に話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか。

平成24年4月12日

投稿者: ごとう司法書士事務所

前へ

SEARCH