お役立ち情報ブログ

2013.01.29更新

預金の相続で、普通の都銀や地銀、信金さんなんかはそれほど違いはありませんが、ゆうちょ銀行は少しめんどくさいと言われています。
通常であれば、ある銀行口座が分かっていれば、その金融機関でのその他の取引もすぐ調べてくれますが、ゆうちょ銀行は違います。

別途、調査を依頼しなくては調べてくれません。
個別で手続きが必要になります。

請求する時によって、制度が変わっているかもしれませんので、その都度、確認はするようにして下さい。
ご参考までに。

平成25年1月29日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2013.01.27更新

相続をする方法を考えると、いろいろな問題が絡んできます。

法律問題に限らず、税金の問題やら手続きの問題。

特にお金の話は皆さん関心事だと思います。
自民党になって、相続税はどうなることやら。。。

基礎控除額を引き下げる話は、震災で棚上げになりましたから、いよいよどうなるか!?という感じでしょうか。


平成25年1月27日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2013.01.26更新

後見の仕事をしていると、様々な出来事に遭遇します。

法律問題から社会常識まで。

ご本人様に代わって、財産管理やお世話全般をすることになるので、ある意味大変です。
不動産、預貯金、有価証券などの管理や介護施設の手配、入院手続き、健康保険や年金の手続きなどなど。

特に、成年後見だと、ご本人様に判断能力が衰えているので、後見人が妥当な判断をその都度する必要があります。
責任は重大です。

司法書士としての総合力が試される感じでしょうか(笑)
単純な法律問題ばかりではないので、難しいお仕事です。

その分やりがいもあるんですけどね。

平成25年1月26日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2013.01.21更新

2月は、愛知県司法書士会で相続の相談会が実施されます。
毎年恒例の相談会です。

去年は、相続税を気にしている方が多かったですが、はたして今年は!?

最近は、昔の中間層がいなくなった代わりに、親の援助で中間層の生活水準をしている人が増えていると言います。
例えば、家を買うときでも、土地は親に買ってもらい、建物だけローンを組んで買うとか。

いろいろですね。

平成25年1月21日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2013.01.11更新

遺産分割協議書は、ある程度自由に定めることもできます。
例えば、相続人のAさんがすべての財産を相続する場合、遺産分割協議書には、
「すべての相続財産をAさんが相続する」とすることもできますし、予め分かっている財産(不動産や預貯金等)を列挙して、その他一切の財産もAさんが相続するという内容にすることもできます。

この辺りは、お好みです。
私の経験上は、わかっている財産は協議書に明記することが多いです。
その方が、錯誤などの問題も起こりにくいですし。

ご参考までに。

平成25年1月11日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2013.01.09更新

相続登記を準備するのに時間は結構かかることが多いです。

戸籍類を取り寄せるのに時間がかかります。
また、遺産分割協議書に印鑑を押していただくのに時間もかかります。

ご依頼後、1ヶ月ぐらいで登記申請をするケースも多いです。

もし、売却等を検討しているので、いつまでに相続登記をしたいなどのご要望がある場合は、早めの相談をした方が無難です。
ご注意下さい。

平成25年1月9日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2013.01.07更新

遺産分割協議書は、必ずしも1通で作る必要はありません。
相続人が数名いる場合、1通を持ち回りで署名することがめんどくさいので、各相続人用に遺産分割協議書を作ることがあります。
各相続人が署名捺印をしたもの全部を合わせて、遺産分割協議書の完成となります。

昔の相続では使用していましたが、最近は、あまり使わない手法です。

ご参考までに。

平成25年1月7日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2013.01.04更新

今日から営業開始します。

でも、ほとんどの会社は、まだお休みです。
事務所の周りも閑散としています。

今日は、休みのうちに届いた郵便物の処理を中心に仕事をしていました。
来週の7日からは本格的に始動できそうです。

今年もよろしくお願い致します。

平成25年1月4日

投稿者: ごとう司法書士事務所

SEARCH