お役立ち情報ブログ

2015.07.30更新

遺言を作る側と、遺産をもらう側でのすれ違いって、結構あります。

遺言者は、これまでの自分の人生を振り返って、あの時ああしたとか、この時はこれをしてもらったとか、いろいろと公平になるように考えますが、受け取る側は、必ずしもその意図を組んでくれません。

遺産の分配が、何か愛情の分配であると考えてしまうからです。

それを避けるために、よく遺言を作る動機を遺言に書いてもらいます。
なぜこのように分けたのか。
これを書くだけでも受け取る側の心境はだいぶ違ってきます。
それがないと、それぞれの相続人がそれぞれの想像を働かせて、勝手に都合のいい解釈を出してしまうかもしれません。

普段からの家族関係で遺言者の気持ちを組むことはできるでしょうが、今はその関係性が希薄になっているので、単純な損得だけに関心が行ってしまいます。

いつも依頼を受けるときは、そういった点も気をつけるようにしています。

平成27年7月30日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2015.07.30更新

遺言を作る側と、遺産をもらう側でのすれ違いって、結構あります。

遺言者は、これまでの自分の人生を振り返って、あの時ああしたとか、この時はこれをしてもらったとか、いろいろと公平になるように考えますが、受け取る側は、必ずしもその意図を組んでくれません。

遺産の分配が、何か愛情の分配であると考えてしまうからです。

それを避けるために、よく遺言を作る動機を遺言に書いてもらいます。
なぜこのように分けたのか。
これを書くだけでも受け取る側の心境はだいぶ違ってきます。
それがないと、それぞれの相続人がそれぞれの想像を働かせて、勝手に都合のいい解釈を出してしまうかもしれません。

普段からの家族関係で遺言者の気持ちを組むことはできるでしょうが、今はその関係性が希薄になっているので、単純な損得だけに関心が行ってしまいます。

いつも依頼を受けるときは、そういった点も気をつけるようにしています。

平成27年7月30日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2015.07.16更新

山林を相続、贈与、交換や売買等で取得した場合、森林法により国交省に届出をしなくてはいけません。
具体的には、窓口の市区町村へ提出します。

これらは、通常、所有権移転の登記(名義変更登記)後に、行うかと思います。

届け出ない場合、一応罰則もあります。

私も相続登記をした場合、ご案内の上、手続きをしています。
忘れがちですから、気をつけましょう!

農地も同じような制度があります。

ご参考までに。

平成27年7月16日

投稿者: ごとう司法書士事務所

SEARCH

ARCHIVE