お役立ち情報ブログ

2015.08.31更新

9月25日、名古屋市東区の代官郵便局内で相続相談会を実施します!!

ご興味のある方は是非お越し下さい。
なお、当日は、事前予約の方を優先いたしますので、ご容赦下さい。
当日のご相談も順次行いますので、ぜひご利用下さい。
※配布予定のチラシはこちら

今回は、司法書士と税理士による相談会です。

法律問題や相続手続きは司法書士が、相続や贈与に関する税務は税理士がそれぞれ担当します。
ワンストップで相続の問題を解決いたします!!

平成27年8月31日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2015.08.24更新

遺産に土地や建物の不動さんがある場合、その評価方法は色々あります。

きっちり出そうとすれば、不動産鑑定士さんの評価額を採用すればいいんでしょうが、費用がかかるので、普通はいきなりそこまでしません。
では、一番しっくりくる評価方法は?

実勢価格(市場で流通している価格=実際に売る時にどれそうな価格)を不動産会社に査定してもらうという方法があります。
この不動産会社さんの査定額は、基本的には近隣の取引事例の㎡単価から計算をすることが基本です。
つまり、近くでこれくらいで取引されたから、この不動産も恐らくこれくらいで売れるだろうというものです。

個人的には、これがしっくりきそうな気もします。
1社では、公平性が害されるので、2~3社ぐらいとって。

しかし、遺産相続でもめてしまい、家庭裁判所で調停をする場合、不動産の評価は基本的に固定資産税の評価額です。
調停は話し合いなので、相続人で合意に至れば、上記実勢価格でも、また、路線価や地価公示価格でもいいんですが、基本的には、この固定資産税評価額で話が展開されます。

ご参考までに。

平成27年8月24日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2015.08.17更新

相続手続きには、さまざまなものがありますが、都市銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行及び信用金庫等の金融機関での預貯金や株式、債券、投資信託などの証券会社での手続きはメジャーな手続きです。

基本的には、法定相続分以外での相続の場合、遺産分割協議書もしくは同等の書類が必要となります。
現在は、皆さん、自分の相続の権利を確認したうえで、納得して遺産分割を行う方が多いです。

昔のように、長男に任せて、何もわからず書面に実印を押す。
そんなケースは少ないと思います。
また、仮にそういったことになると、後からそんなつもりはなかったとトラブルや裁判になることもあります。

他力本願はよくありません。
自分で責任を持って判断しましょう。

当事務所では、こういった、相続相談はもちろん、各種手続きについて今回料金改定を行いました。
ご利用をご検討されている方は、ぜひ一度ご覧下さい。

平成25年8月17日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2015.08.12更新

8月13日~16日までは、お盆休みを頂きます。

上記期間中でも、メールでの問い合わせは、可能です。
出来る限り、ご回答などするように致しますので、ぜひご利用下さい。

投稿者: ごとう司法書士事務所

2015.08.11更新

今日は、事務所の周りでも人がいません。
すっかり、お盆休みの1週間ですね。

空いているところも多く、仕事上は、助かります。
車で行く場所によってはえらく混みますが。。。

さて、遺産分割協議は、相続人全員が合意しなくては、成立しません。
そして、合意をした証明として「遺産分割協議書」は作成します。

だから、まずは相続人を特定することが大切です。
民法と戸籍を読み解いて、相続人を特定します。
ここを間違うと、その後の手続すべてに影響します。

昔は、養子や婚外子が多く、自分も知らない相続人が・・・なんてことは結構あります。

平成26年8月11日

投稿者: ごとう司法書士事務所

SEARCH

ARCHIVE