お役立ち情報ブログ

2016.12.27更新

毎年この時期に、よく持分を贈与される相談を受けます。

それ以外でも、年内の日付で登記申請を押し込みたい案件があり、あくせく働いていました(笑)

 

持分の贈与は、相続対策として、昔から行われてきた方法です。

税金面を考慮して、一気に名義を移すのではなく、贈与税がかからない程度の持分(基礎控除程度の持分)を計算して、持分移転登記までします。

あとから贈与の事実を税務署に証明するには、公証役場で贈与契約の確定日付をもらうか、登記名義をその年のうちに申請するのが良いと思いますが、どうせなら登記名義を移す方法が一般的です。

 

生前贈与は、結局、相続税の税率を考慮して、やるかやらないかを検討することも多いと思います。

やっぱり相続は、法律と税務の両面から総合的に判断しないと、ダメだなとあらためて思います。

渡したい人にいかに税金をかけずに渡すか。

 

いろいろな情報に踊らされずに、本当に必要な対策をとりたいですね。

皆さん商売で、相続に関する情報提供をしていますからね。

いろいろな意図が見え隠れします。。。

 

平成28年12月27日

 

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

SEARCH