お役立ち情報ブログ

2017.01.21更新

親の自宅を相続をしたが、自分は既にマイホームを買ってもっているので使い道がない。

こういうケースはこれから増えるのではないかと思います。

 

少子化もあり、子供の数は減っています。

夫もしくは妻の両親の家を相続してもなかなか使い道がありません。

人に貸せればいいですが、すべてのケースでうまくいくとも限りません。

空き家問題による固定資産税の増加や、維持管理の費用負担、放置することによるトラブルも考えられます。

 

一部のエリアを除いて、これから不動産が値上がりする可能性は低いと思われます。

少子高齢化で間違いなく、不動産を購入する若い世代は減ります。

投資物件としての購入者は増えると思いますが、あくまで利回りを考えての購入金額となります。

 

これからは、家は、買うばかりではなく、むしろ最後まで借りるもの。

こういう考えも一般的になる時代がくると言われています。

年々家族が住めるような広い物件も多くなり、これから賃貸市場がもう少し成熟してくるでしょう。

戦前のように家は借りるのが主流となる日も近いかもしれません。

 

持ち家派か賃貸派か。

そんな単純なお金の計算より、それぞれのライフスタイルに合わせて考えればよいと思います。

日本は地震などの自然災害が多い国ですから。

 

バブルの時代を忘れられず、不動産は保有していれば、いつかまた上がる。。。

そんなことは特殊な事情でもない限りないです。

売るか活用を考えるか。

どちらかを選択する時代ですね。

 

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

2017.01.21更新

親の自宅を相続をしたが、自分は既にマイホームを買ってもっているので使い道がない。

こういうケースはこれから増えるのではないかと思います。

 

少子化もあり、子供の数は減っています。

夫もしくは妻の両親の家を相続してもなかなか使い道がありません。

人に貸せればいいですが、すべてのケースでうまくいくとも限りません。

空き家問題による固定資産税の増加や、維持管理の費用負担、放置することによるトラブルも考えられます。

 

一部のエリアを除いて、これから不動産が値上がりする可能性は低いと思われます。

少子高齢化で間違いなく、不動産を購入する若い世代は減ります。

投資物件としての購入者は増えると思いますが、あくまで利回りを考えての購入金額となります。

 

これからは、家は、買うばかりではなく、むしろ最後まで借りるもの。

こういう考えも一般的になる時代がくると言われています。

年々家族が住めるような広い物件も多くなり、これから賃貸市場がもう少し成熟してくるでしょう。

戦前のように家は借りるのが主流となる日も近いかもしれません。

 

持ち家派か賃貸派か。

そんな単純なお金の計算より、それぞれのライフスタイルに合わせて考えればよいと思います。

日本は地震などの自然災害が多い国ですから。

 

バブルの時代を忘れられず、不動産は保有していれば、いつかまた上がる。。。

そんなことは特殊な事情でもない限りないです。

売るか活用を考えるか。

どちらかを選択する時代ですね。

 

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

SEARCH

ARCHIVE