お役立ち情報ブログ

2017.05.25更新

現在、土地を借りて利用しているけど、そのまま買ってしまうとき何をすればよいか?

売主と買主は決まっているので、わざわざ不動産仲介会社を入れる必要はないのではないか?

でも何が必要かわからない。。。。

 

よくあるケースです。

 

どこまでリスクやトラブル回避を考えるかですが、私なら最低限の取引安全を考えます。

不動産は高額な買い物です。売る方も買う方も間違いが許されません。

一生のうち、1,2度のことでしょうか。

しかし、トラブルがつきものなのが不動産なのです。

 

不動産取引には、たくさんの情報が必要です。

法律、税金、登記手続き、不動産、融資などなど。

落とし穴がたくさんあります。

 

これら全体を誰かがうまくコーディネイトしないと、どこかの部分でトラブルになります。

例えば、あとから知らなかった税金の納付書が届いたり。。。

急に住民税が上がってビックリしたり。。。

実は、登記名義を変更していなくて、他人に自分の所有権を主張できなかったり。。。

きちんとした売買契約書等がないと、銀行融資が受けられなかったり。。。

 

契約書等の書面を整えること、不動産実務に即して売買すること、名義変更とお金の支払いを同時にすることなど抑えるべきポイントをきちんとケアすれば、怖いことはありません。

必ずしも仲介業者は必要ありませんが、司法書士などの専門家はいた方が安心できるので良いと思います。

 

もし心当たりがあれば、迷わずご相談下さい。

ご説明しますし、よろしければすべてお任せもいただけます。

 

どこに相談をしてよいかわからなくて、皆さんからよくお問い合わせを頂く内容です。

安心して、些細なことでもお気軽にご連絡下さい。

 

平成29年5月25日

投稿者: ごとう司法書士事務所