お役立ち情報ブログ

2015.05.21更新

漢字は複雑ですね。
外国人には日本のひらがなや漢字は言語として大変だと思います。

ふるい戸籍を見ていると、記載を担当者の手書きでされているものがあります。
担当者に癖字がある場合やあまりに達筆すぎて普通の人には読みにくかったり。。。

戸籍上の名前は、誤字、俗字、正字で整理されますが、登記の記載は原則正字です。
ただし、抵当権等の担保権をつける金融機関にとっては、印鑑証明書に記載されているとおり契約書には書くべきとするところが多いのではないでしょうか。同一性がある旧字においても同じです。

イコールでつながる字ならどちらでもいいじゃん。
そんな風に思われがちですが、頭の固い金融機関では、公的な証明書の記載とおりにするのが筋であると考えます。
そちらですれば、間違いはないでしょうからね。

逆に、人の名前ですので、旧字等じゃないとダメという方もいます。
こだわりって人によって違うので、登記手続きをする司法書士としては、結構、その辺りは気を使います。
住民票や印鑑証明書の名前はよく目を凝らして見ないと、見逃しますので。

先日の不動産売買の決済の買主様のお名前もそのようなケースでした。

平成27年5月21日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2015.05.08更新

ある売買の決済で、事前に登記情報を取得しようとすると・・・なんと登記申請中!!

まさか、差押え!?二重売買!?

いろいろと頭の中が巡りましたが、結果的、法務局のミスのようでした。
はっきりとわかりませんが。

なぜか、閲覧できない状態で登記がロックされたようです。
法務局に問い合わせると、解除してくれました。

登記は、対抗力。
早い者勝ち。

一刻を争いますし、何か登記申請中であれば、売買決済が延期されてしまいます。
もう少し、法務局もその辺りの実務を理解してほしいところです。

とはいえ、無事今日も決済が終わりひと安心。

司法書士って、売買にまつわるいろいろなリスクを調査し、説明し、売買が適正に行われるように努めています。
目に見えないところで。

それにしても、何度やっても、決済は、独特の緊張感がありますね。

平成27年5月8日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2015.05.08更新

兄弟などの親族間での不動産売買をするケースがあります。

住宅ローンを代わりに支払うから、不動産名義を変更する場合や、抵当権や金銭消費貸借の債務者を変更する場合です。
後者の債務者変更は、債権者である銀行の同意なくして、進めることはできません。
勝手に債務者サイドで変更をしても、債権者に対しては主張できません。

また、売買をする際に融資を受けようとすると、また問題が発生します。
通常、親族間の売買は、銀行は嫌がります。
ましてや、仲介に入る不動産業者もいないことが多いですから。。。

そもそも取り扱いをしないという銀行もあると思います。

解決方法はいろいろありますが、正面突破だけでは難しいでしょう。
対銀行、対税務署的にも、公正な売買取引であることを証明しつつ手続きを進めなくてはいけません。
内容が専門的になります。

お困りの際は、お気軽にご相談下さい。

平成27年5月15日

投稿者: ごとう司法書士事務所