お役立ち情報ブログ

2015.08.24更新

遺産に土地や建物の不動さんがある場合、その評価方法は色々あります。

きっちり出そうとすれば、不動産鑑定士さんの評価額を採用すればいいんでしょうが、費用がかかるので、普通はいきなりそこまでしません。
では、一番しっくりくる評価方法は?

実勢価格(市場で流通している価格=実際に売る時にどれそうな価格)を不動産会社に査定してもらうという方法があります。
この不動産会社さんの査定額は、基本的には近隣の取引事例の㎡単価から計算をすることが基本です。
つまり、近くでこれくらいで取引されたから、この不動産も恐らくこれくらいで売れるだろうというものです。

個人的には、これがしっくりきそうな気もします。
1社では、公平性が害されるので、2~3社ぐらいとって。

しかし、遺産相続でもめてしまい、家庭裁判所で調停をする場合、不動産の評価は基本的に固定資産税の評価額です。
調停は話し合いなので、相続人で合意に至れば、上記実勢価格でも、また、路線価や地価公示価格でもいいんですが、基本的には、この固定資産税評価額で話が展開されます。

ご参考までに。

平成27年8月24日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2015.08.11更新

今日は、事務所の周りでも人がいません。
すっかり、お盆休みの1週間ですね。

空いているところも多く、仕事上は、助かります。
車で行く場所によってはえらく混みますが。。。

さて、遺産分割協議は、相続人全員が合意しなくては、成立しません。
そして、合意をした証明として「遺産分割協議書」は作成します。

だから、まずは相続人を特定することが大切です。
民法と戸籍を読み解いて、相続人を特定します。
ここを間違うと、その後の手続すべてに影響します。

昔は、養子や婚外子が多く、自分も知らない相続人が・・・なんてことは結構あります。

平成26年8月11日

投稿者: ごとう司法書士事務所