お役立ち情報ブログ

2013.12.21更新

遺言を作成する時って、いろいろと戦略的にするときもあります。

明らかに遺留分を侵害していて、財産をもらえない推定相続人が争うことが予定されている。
でも、遺言を作る。しかも、遺言執行者をつけて。

通常、遺留分を争うにしても、弁護士を代理人として争うことが多いでしょうから、その分手間とお金をかけることになります。

お金って、良いんだか悪いんだかよくわからない制度ですよね。
物々交換時代がいいとは思いませんが、何だかふに落ちない感じ。

みんな自分に精一杯の時代なんでしょうね。
自分に一生懸命で周りが見えていなくなってしまうというか。

誰かが言っていました。
人間、お金を持つと、気持ちが大きくなってしまう。
だから、はたから見ると、傍若無人とも思える言動をとってしまう。。。

そういう側面は確かにありますよね。

平成25年12月21日

投稿者: ごとう司法書士事務所