お役立ち情報ブログ

2014.03.19更新

遺言の相談を受けて話を聞いていると、推定相続人である子供みんなにいい顔をしようとして、全体としてかなり不平等な内容になってしまいました。

どう考えても、相続が発生してもめそうな案件です。

ほんと難しいですね。

今回は、何度も迷った挙句、最後は区切りとして話をまとめ上げたものでした。
公正証書遺言ですが、作った後、変更もできます。

とりあえず、一つ作れば、お守りみたいなもので、安心かもしれません。

家族関係や人生観などいろいろな側面を垣間見ます。

平成26年3月19日

投稿者: ごとう司法書士事務所