お役立ち情報ブログ

2014.07.10更新

父が自宅を長男にあげると遺言を残したが、実は父に所有権がなかったらどうなるのか。

まさか他人のものを遺言で相続できるるなんてあり得ないので、その部分は無効になります。
他にも遺言内容を残していれば、無効な部分以外は有効のままです。
全部が無効となるわけではありません。

自宅では上記のようなことはないでしょうが、その他の不動産ではあるかもしれません。
売買はしている可能性があるが、登記名義は移していない。
実際に売買があって、移転登記だけがしていないのであれば、いいんですが、争いになるとこれは大変ですね。

登記名義があれば、実際は、権利者と推定されるんですけどね。

平成26年7月10日

投稿者: ごとう司法書士事務所