お役立ち情報ブログ

2015.02.04更新

ある遺言相続のケースで、こんな相談がありました。

亡くなった方は、信託銀行に遺言作成及び遺言執行者の依頼をしたようです。
そこで、相続発生後は、信託銀行が主導して相続手続きを進めていました。
しかし、遺言の内容をよく見てみると・・・・既に亡くなっている奥さんにも遺産を相続させる内容になっていました。
しかも、先に奥さんが亡くなっていた場合にどうするかは、まったく書かれていません。

夫が先に亡くなるケースの方が多いのでしょうが、このケアをしていないので、この遺言は不完全なものとなってしまいました。
これで、亡くなった人の希望にかなうのかなぁ。。。
今回は、亡奥さんの部分が無効となり、この部分につき、別途遺産分割が必要です。

遺言って、作る時にいろいろなケースを想定して作らないといけません。
公証人だって、そこまで面倒は見てくれません。
結局は、遺言書作成を依頼する側が、責任を持って、考えるべきことです。
そうなると、やっぱり、専門家の意見を参考にした方がいいのかもしれませんね。

平成27年2月4日

投稿者: ごとう司法書士事務所