お役立ち情報ブログ

2012.09.25更新

相続の相談でも、相続放棄の場合は、時期を気にします。

原則、被相続人の方が亡くなってから3カ月以内に家庭裁判所に申立てをしなくてはいけませんので。
最初に相続放棄の相談を受けると、まず亡くなった日をお聞きしています。

上記期間は、経過しても相続放棄が認められる場合もありますので、もし、3カ月を越えて相続放棄をご検討している方がお見えでしたら、一度ご相談下さい。
たとえば、3カ月を経過した後、知らない会社から突然請求書が届いたり、電話で支払の請求が来た場合など、やむを得ない事由があれば、認められます。

個別のケースごとの判断となりますので、詳細は一度ご相談下さい。

平成24年9月25日

投稿者: ごとう司法書士事務所