お役立ち情報ブログ

2012.11.29更新

成年後見の仕事をしていると、世の中には身内がいないお金持ちの人がたくさんいるものだなぁと思います。

預貯金だけでも、十分老後を過ごせるくらいあっても、本人は意思能力がありません。
使うことはできな状態です。
後見人によって、原則財産を維持されます。

日本の高齢者は、このようにお金を持っている方が多いんでしょうね。
その後、相続が発生します。
そうしてお金は、使われることなく、その人から離れていくんですね。
そういう人に限って、相続人がいません。
何だか少しさみしいですし、もったいないですね。

平成24年11月29日

投稿者: ごとう司法書士事務所