お役立ち情報ブログ

2013.07.29更新

高齢で認知症等になった方を支えるものとして、成年後見制度があります。

実際のところ、この制度を利用するケースは、身寄りのない方が多いと思います。
財産はある程度あるが、配偶者や子供、親等がまったくいなくて、親戚とも疎遠もしくは、同じく高齢のため、面倒を見れない。

逆に新聞沙汰にもなってしまっているように、やましいところがあったり、自分の思い通りに財産を動かしたい人にとっては、後見制度は使い勝手はよくないでしょう。

裁判所の監督下に入りますので、これまでは普通にできていたことも神経を使いようになります。

たぶん、皆さんが思っている以上に、裁判所は細かくご本人様の為に何でも判断します。
後見業務に携わっている人間にとって慣れていることは、そういった人には煩わしいことになりがちです。

あくまで、ご本人様のための制度です。
相続人の方や、お世話を押する周りの方のための制度ではないので、仕方のないことです。
裁判所は忠実にそれを実行しているだけですから。

成年後見に絡む売買や取引等を検討している方は、ご注意くださいね。
後から無効にされる可能性がありますので。


平成25年7月29日

投稿者: ごとう司法書士事務所