お役立ち情報ブログ

2014.01.15更新

最近は、監督人案件が増えています。

○○監督人とかです。
○○には、「成年後見」、「保佐」とはが入ります。
今回は、成年後見監督人でした。

監督人は、裁判所に変わって後見人を指導、管理します。
定期的に報告を促したり、後見実務について質問を受けて答えたり。
身近で後見業務をサポートする感じでしょうか。

ご本人様のお子様が後見人について、財産が多いので、監督人が裁判所から選任されるケース増えています。
私も既に担当していました。

今後も増えていくんでしょうね。

平成26年1月15日

投稿者: ごとう司法書士事務所