お役立ち情報ブログ

2014.09.25更新

土地や建物の名義変更を単なる表示の変更と思うなかれ。

結構重要な事なんです。

所有者の証明のひとつになりますので。

不動産のような高額で昔からトラブルが多いものは、登記手続きも厳格です。
本人の意思なくして、勝手に所有者を変更することはできません。
本人確認資料も必要です。

基本的には、認知症となった場合は、その時点で土地の名義を変更するのは難しいと思います。
通常の司法書士は登記可能か、慎重に判断します。
後見制度を利用しても。。。

遺言もそうですが、意思のはっきりしているときに作ったり、登記を申請することは理屈の上では可能ですが、微妙なことも多く、要相談といったところでしょうか。

勝手に変更してしまったら、犯罪になるかもしれませんので、ご注意下さい。

平成26年9月25日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.09.01更新

いよいよ9月ですね。
お盆あたりから何だか過ごしやすい日が続いていたので、このまま残暑が残らず秋に入ってほしいです。。。
こんな良い季節は、何とか時間を作って、本でも読みたいんですよね。

土地の名義変更を、勝手にできるのでしょうか。

基本的にはできません。
というのは、例外的に、権利証や登記識別情報と実印、印鑑証明書を用意できれば、書面上は手続きに必要なものが揃うので、やろうと思えばできてしまうかもしれません。
でもこれって、犯罪です。

不動産の名義変更って、他の手続きと比べても結構厳格なのです。
勝手に売買や贈与で知らないうちに簡単に不動産の名義を変更されては大変ですので。

本人の周りの人がしたいと思っても、本人の意思がなかったり、判断能力がなくなっていたり。
本人以外の人が名義変更を進めたいと思う理由はそれぞれでしょうが、これを強引に進めるのはかなりリスクがあります。

他の代替案もあるかもしれませんので、登記・名義変更については、一度司法書士へご相談下さい。

平成26年9月1日

投稿者: ごとう司法書士事務所