お役立ち情報ブログ

2012.01.31更新

今日は、大口町や一宮の方に用事があり、行っていました。
小雪がちらついていました。
北の方へ行くとやはり寒い。。。

家や土地を相続した場合、名義変更をしますが、亡くなった方が持っていた権利証は手続きには必要ありません。
ただし、相続関係を証明する書面がいくつか必要となります。

一方、売買や贈与なんかで名義変更をする場合は、権利証が必要となります。
もしこれがない場合は、別途方法はありますが、余分に費用がかかってしまいます。

権利証も区画整理、換地、行政区画の変更、土地の分筆、合筆などがあると、どれが必要な権利証なのか迷うことがあると思います。そんな場合、専門的な話になってしまいますし、間違いが許されないので、基本的には司法書士のアドバイスを求めた方がいいかと思います。

法律や登記など、身近な困りごとを気軽に相談できる司法書士がいると便利でしょうね。

平成24年1月31日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.01.26更新

家や土地の名義変更って、実は思っているほど簡単ではありません。
車の名義変更は比較的簡単ですが、不動産となるとやはり厳しくチェックされます。

名義変更の原因は何か。
売買なのか、贈与なのかなど。
そして、その原因を証明する書面を法務局へ提出する必要があります。
売主や買主を確認する資料も提出します。
その中には、遺産分割協議書など作成しなければならない法律文書もあります。

司法書士は、プロとしてこれらの手続きを仕事としていますが、いつも神経を使います。
特に間違いが許されない登記申請では、何回も申請書や書類のチェックを行います。
申請後に訂正できることと、できなことがありますので。

簡単そうに見えて、結構大変なんですよね。

平成24年1月26日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.01.19更新

相続で家や土地の名義変更(相続登記)をする時もそうですが、何かで名義変更をした後、登記簿はチェックするようにした方がいいです。
今回ご相談に来られた方も、法務局が間違えて名前を登記していました。
しかも、残念ながら、司法書士が登記申請を代理していたにも関わらず、このような事態になっていました。
この司法書士って・・・。

法務局も人が作業をしていますので、間違いは起こります。
是正方法はありますが、面倒ですよね。
そっちのミスなのに、何で時間とお金を使って指摘をしなければいけないのか。
同感です。

幸い私はこのようなミスをしたことはありませんが、このような話を聞くたびに当たり前のチェックの大切さを痛感します。
気を引き締め直すというか。

皆さんも一度、登記簿をチェックしてみて下さい。

平成24年1月19日

投稿者: ごとう司法書士事務所