お役立ち情報ブログ

2013.07.26更新

住宅ローンを組んでいたご主人が亡くなると、住宅ローンはどうなるんでしょうか。
相続人が代わりに払っていくんでしょうか。なしになるんでしょうか。

それは、団体信用保険、通称団信(だんしん)に入っていたか否かによります。

入っていれば、保険で残りの住宅ローンが支払われて完済となります。
残された家族は、毎年の固定資産税等の支払いだけで住み続けられます。
なお、昔の住宅ローンの中にはこの団信に入っていないものもありますので、ご注意ください。

そして、完済後は、抵当権抹消登記の書類が金融機関から渡されます。

通常は、相続の名義変更登記の後に、抵当権抹消登記も申請します。
ですので、この場合は、相続登記と抵当権抹消登記がワンセットになります。
団信を適用するための連絡も窓口金融機関にしますので、預金の相続もある場合には、遺産分割協議書があるとスムーズです。
つまり、相続が発生した時に、最初に司法書士に相談し、依頼すれば、相続関係の書類の取得から遺産分割協議書の作成まですべてやってもらえます。

だったら、最初からやってもらった方がいいですよね。
中途半端にやった後に依頼するぐらいなら。。。

相続は思った以上に専門的で、結構めんどくさいんですよね。

平成25年7月26日

投稿者: ごとう司法書士事務所