お役立ち情報ブログ

2013.11.12更新

今日は、相続による土地の名義変更手続きに使う除籍等の戸籍るの取得で桑名市まで行ってきました。
普通は、速達で取り寄せるぐらいですが、大至急だったので、直接行ってきました。

今回は、代襲相続と言って、もともと相続ンになる予定の方がご本人様より先に亡くなった場合に、その子が相続人となるケースです。これが逆で、相続した後に亡くなれば、その子等の相続人が相続するのは当たり前ですが、この話は相続する前に亡くなってしまった場合です。何だかややこしいんですけどね。詳しくは聞いてください(笑)

桑名って案外近いんですね。
私の事務所から桑名市役所まで30分くらいでした。

車で移動中におにぎりを食べながら空いた時間を使って効率的に行けました。

平成25年11月12日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2013.11.06更新

腹違いの兄弟。

これは相続でもめますねぇ。

基本的には顔も知らないでしょうから、いざ相続となると法定相続分は放棄しない。
亡くなった方のお世話を後妻の子供がしていた場合、前妻の子供たちも腹違いの兄弟で相続人になりますが、大変です。

法定相続分を放棄する遺産分割は、同意しない。
これは、しょっちゅうです。

しかも、お互いで遠方で会うこともできない。

そうなると、その方が亡くなることを待つしかない。
そんなケースもあります。

これで、20年近く家の遺産相続の手続きができないケースの相談を受けました。
初期の段階で司法書士等の専門家が間に入ってうまいこと進められるとまた違うのかもしれませんが。

ほんといろいろです。

平成25年11月6日

 

投稿者: ごとう司法書士事務所