お役立ち情報ブログ

2013.12.04更新

今日は、名古屋法務局名東出張所に登記相談に行ってきました。

ある遺産分割調停の審判に基づく、相続登記を行う案件ですが、これが結構悩ましくて。。。

審判書に記載された相続財産である不動産の権利の特定が不十分だったので、何とか推定できないかと思い、法務局に掛け合ってきましたが・・・結論は消極だそうです。
つまり、無理でした。

予想はしていましたが、やっぱりか。。。

審判内容を更生してもらうか、別で遺産分割協議書を用意するか。。。

他の相続人は、対立当事者なので、素直に応じてくれないでしょうし、前者でいければいいんですが。。。

いずれにしても、一筋縄ではいかないケースです。

平成25年12月4日

投稿者: ごとう司法書士事務所