お役立ち情報ブログ

2015.03.18更新

お父様が亡くなって、数年後にお母様が亡くなる。
こういったケースはよくあります。

最初のお父様名義の土地建物を、現時点での相続人である子供たち名義を移す時どうするのか。
仮に、お母様が相続する遺産分割協議をした後、その名義変更前に亡くなった場合はどうか。

いろいろなケースが想定できますが、原則、登記簿は、時系列に沿って忠実に事実関係を再現させなければいけません。
ただし、名義変更には、登録免許税といって、税金が発生するので、無駄な登記は避けたいところです。
そこで、一定の場合には、中間を省略した登記が可能です。

すべてのケースでこれが使えるわけではありませんが、使える場合にはぜひ使いたい手続きです。

相続って、単純なものもあれば、複雑なものまでさまざまです。
複雑化させないためにも、相続が発生したら、その相続人の時に名義変更を含めて相続手続きをしておくべきですね。
後の相続人に、費用や労力の負担がかかってしまいますから。。。

平成27年3月18日

投稿者: ごとう司法書士事務所