お役立ち情報ブログ

2011.08.29更新

「分かってくれるだろう」

こう考えて、遺言書など必要ないとする方がいるかもしれません。
確かにそのような関係を築いている方も多いでしょう。

でも、実際にご相談に来られる相続人の方の話を聞いていると、遺言を作っていればとか、生前対策をしていれば・・・と感じてしまうケースが結構あります。

自分で少し手間をかけて、トラブルを回避できると思えばどうでしょう。
重い腰があがりませんか(笑)

ご相談はお気軽に!

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.08.26更新

相続問題は、複雑ですね。
今更ながらそう思います。

法律的な問題とは別で、道義的というか感情的な問題は残ってしまうケースがあります。
残された親族同士や親戚付き合いは今後も続きますので。

地域性や世代によって考え方は違うので、これが正解とは言いにくい問題です。
ただ、これまでの経験上のアドバイスはできます。
それらを参考にして判断していただくことになります。

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.08.10更新

お盆が近づいてきたからでしょうか。
最近、遺産相続や相続不動産の名義変更のご相談が多くあります。

なかなかきっかけがないと、ご兄弟や親族が一堂に揃うこともないでしょうから、これを機にそういった話をされるのはいいと思います。
あとは、争いが起こらないことを祈るばかりです。

平成23年8月10日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.08.05更新

相続相談では、通常、相続人ご本人様から相談のご連絡をいただくことが多いですが、相続人のご家族の方から相談をいただくこともあります。
相続人のである母の息子さんとか。

このようなケースでもご相談はお受けできますので、お気軽にお申し付け下さい。
初めてこのようなケースで専門家に相談する方がほとんどだと思います。

基本的には相談自体は無料で行っています。
何でもお気軽にご質問下さい。

平成23年8月5日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.08.02更新

最近は、暑さも一休みですね。
あの暑さが続くのかと思うとゾッとしていました(笑)

ところで、相続でも多く直面しますが、家族内での問題は難しいですね。
遺産を巡る争いなんて言うと分かりやすいですが、世の中には結構こういう問題が結構あるんだなぁとつくづく思います。

家族問題には、それぞれ歴史がありますし、長年かけて形成されているはずです。
家族なんだからとか、身内なんだからとか、正論だけではどうにもならないことが起こりやすい気もします。

法律では、解決方法の一部を示すことしかできません
何かを許すことは、簡単なことではありません。
でも、それができる人が本当に強く優しい人なんでしょうね。

頭では理解できても、それを実践できる人はなかなか・・・。

平成23年8月2日

投稿者: ごとう司法書士事務所

SEARCH