お役立ち情報ブログ

2011.12.26更新

今日は、午後から車で外回りをしていました。
それにしても寒いですね。
雪も降っていましたし。

住宅ローンを組むとき、団体信用生命保険いわゆる「団信」に入るケースがほとんどだと思いますが、中には入っていないケースもあります。団信とは、その人が亡くなると住宅ローンがチャラになる保険です。
亡くなった方の相続調査をしていると、自宅があるのはいいが、団信に入っていないので、住宅ローンはチャラにならず、相続人が支払っていかざるを得ないことがあります。要注意です。2つのところから借りて、一方だけしか団信に入っていないとか。

基本的には、自宅を相続する方が住宅ローンを承継する(審査はあります)ことになるでしょうが、再度分割で支払うにしてもその際にはその人が団信に入った方がいいですね。事情もしならない相続人の方がいきなりそんなことをいわれてもびっくりしてしまいます。

もし、相続手続きでご心配な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。

平成23年12月26日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.12.21更新

何だか寒い日が続いていますね。
皆さんは、体調を崩さないようにして下さい。
私は、寒くて、朝方に起きてしまっています(笑)

さて、相続や成年後見の仕事をしていると、世の中にはお金や財産をたくさん持っている人がいるものだなぁとうらやましく思います。私なんかは平凡なサラリーマンの子供ですから、相続税が当然のように発生するほどの遺産なんてありません。
でも、遺産が原因かわかりませんが、兄弟や家族でもめていることも多いのが現実です。
世の中うまくいきませんね。

自分のお金に対する考え方を見つめ直させてくれます。
お金は自分の代で使い切った方がいいのか、でも、子供の為に少しは残しておきたいと考えるのが親心というか。。。
葬儀費用ぐらいで十分なのかなど、勉強になります。

遺産が絡む話では、皆さん、前例や身近な話も少ないようで、一様に「お恥ずかしい話ですが・・・」と切り出します。
でも、相続はそんなものかなと思います。
テレビに出てくる絵にかいたような教科書通りの家族関係なんて、現実にはめったにないでしょうし、何がしの問題を抱えていて普通のような気がします。何十年と歳月をかけて築きあげた家族関係でしょうから、昨日今日相談を受けた人間が正論をぶつけるのはいかがなものかと思いますし。家族には家族の歴史があります。微妙なバランスを取りながらこれまで過ごしてきたんだと思います。相続がきっかけでそのバランスが崩れることもあるでしょう。家を出て世帯を持っていれば、そこでの責任もあります。それぞれの事情を尊重することが大切かなと思います。

相続がきっかけで、絆を取り戻すこともあるでしょうし、逆に壊すこともあります。
でも、やっぱり、せめて前向きな話ができるといいですね。
身近な方が亡くなった時の相談ですから。

平成23年12月21日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2011.12.08更新

代襲相続ってご存知ですか。

例えば、お父さんが亡くなる前に既にそのお子様が亡くなっている時、孫にあたる方が代わってお父様の相続人になります。
相続人を確定させる時に、たまに悩む点かもしれません。
相続人を間違えると、遺産分割協議もやり直しです。
注意が必要です。

代襲相続は、子や兄弟が相続人になる場合に、その人が既に亡くなっている時、その子が相続人となります。
子は何代も代襲相続が発生しますが、兄弟の場合、代襲相続になるのはその子までの1代限りです。

少しややこしいので、ご不明な点があれば、専門家へご相談下さい。

平成23年12月8日

投稿者: ごとう司法書士事務所