お役立ち情報ブログ

2012.04.14更新

生憎の雨で、桜はすっかり、散ってしまいましたね。
毎年見ごろの時期は短いんですが、毎年さみしい気持ちになります。

専門家の相談相手を選ぶ時、皆さんは何を優先しますか。

事務所の規模ですか、代表の司法書士や弁護士の経歴ですか。
その他にも、事務所の場所、報酬額、事務所の雰囲気などいろいろな要素があると思います。

報酬額はどこにお願いしても、そこまで大きくは違わない気がします。
あとは、実際に担当してくれる人が大切なのかなと感じています。
代表の人なのか、事務員さんばかりなのか、それとも。。。

好みでしょうけど、フットワーク軽く責任をもって対応してもらった方が依頼者の方にとっては、安心できるかなと思います。
そこで、私自身は、事務所の規模よりも、そういった接客ができる事務所を目指しています。

平成24年4月14日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.05更新

先日、相続のある相談をお受けしました。

離婚まであと1年ぐらいかかりそうだから、その間自分が死んでも夫へ相続させない為にはどうしたらいいですか。
子供には相続させたいけど、夫には一円も渡したくない。
ご相談者の奥様が自分のご両親から多額の財産を相続していることを夫は知っていて、それを狙っているようでした。

離婚すれば、問題ありませんが、それまでに何かあった場合の相談でした。
生前贈与や遺言など具体的にお話をしました。

法律論もそうですけど、実際の現場での立ち振る舞い方も大切だなと思いました。
こちらの動きを悟られないようにしなくてはいけませんし。

今回はうまく財産を分散させられそうなのでよかったです。
相続って、いろいろな方面に問題が波及するので、とても気を使います。

平成24年4月5日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2012.04.03更新

相続ってなかなか身近な人には相談しにくいかもしれませんね。

財産など自分のことをさらけ出しますし、家族関係も説明する必要があるかもしれません。
相談するくらいですから、何か不具合があるのが通常でしょうし。

そんな時こそ、利害関係のない第三者である専門家をご利用下さい。

司法書士は、遺言書作成や家、土地の名義変更など、相続手続きの専門家です。
相談も無料ですので、お気軽にご利用下さい。

平成24年4月3日

投稿者: ごとう司法書士事務所