お役立ち情報ブログ

2014.04.23更新

今日は、18時30分から研修でした。
成年後見の関係です。

仕業を含めて、様々な業界の人が相続をビジネスチャンスととらえています。
不動産業界でもいかに相続税法の改正と絡めて仕事につなげるか必死です。

一方司法書士は、成年後見の分野に力を入れています。
リーガルサポートという成年後見専門の団体を持ち、希望する司法書士がその会員となって成年後見制度を支援しています。
私もその会員の1人です。

相続の相談を受けていると、成年後見の話になることは結構多いです。
相続した土地の名義変更したいけど、相続人の一人が認知症ですとか。
このままでは、遺産分割協議ができないので、成年後見人を選任するしかないこともあります。

いかに判断能力が亡くなった人たちを支援していくか。
親族後見人による、本人財産の横領のニュースが絶えない今、司法書士等の専門職を活用することでご本人様の財産を守ろうと裁判所もいろいろと考えています。

平成26年4月23日

投稿者: ごとう司法書士事務所