お役立ち情報ブログ

2014.06.30更新

相続税と贈与税がごちゃごちゃになると、こんな疑問がわいてきます。
税務上、相続と贈与は一体で考えています。
生きているうちは、贈与税として。
亡くなれば、相続税として。

遺産分割協議である相続人にだけ、遺産を相続させても贈与とはなりません。
本来もらえる他の相続人の法定相続分は、贈与となるのでは!?
そんな疑問もあるかもしれませんが、そんな事はありません。
ご安心を。

法律上と税務上って、違うこともあります。
気をつけましょう。
今回のお話は、法律上も贈与にはなりませんが(笑)

平成26年6月30日

投稿者: ごとう司法書士事務所