お役立ち情報ブログ

2014.09.30更新

子が親の面倒を見るのって当然なんでしょうかね。

自分の親が衰えて、背も縮み、背中も丸くなり、何だか申し訳なさそうにしている。
そういう姿を見るのってつらいものです。

残された時間でしてあげられることって、限られます。
色々と思うんですけど、やっぱり、一緒に時間を過ごすことが大切なのかなって思います。
なにか特別な事は必要ないんでしょうね。

相続の相談を受けていると、自分の事と重なることも多く、思わず考え込んでしまいます。

遺産分割でもめる話は、残念ですけど、少なくありません。
通常は、誰か一人が中心になって最後に親の面倒を見ていることが多いと思います。
何かをすれば、どうしても見返りを求めています。。。

見返りを求めることって、結局うまくいかないことが多いんですけどね。
自分がしたいからした。
単純にそんな風に思えたら幸せですね。

人って、何かを成し遂げることより、どう生きたのか、そういうことが大事。
それぞれ生まれ持った環境でどう生きられるか。
結果より、どういう姿勢でやってきたのか。

先日、相談者の方とそんな話をしていました。
いつもながら勉強になります。

平成26年9月30日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.09.22更新

登記名義の変更をしないで、そのままでいるとどうなるか。

権利関係が複雑になる可能性があります。

例えば、相続人数人同士では特定の人が相続をする話でまとまったので、安心をして手続きをしないでいると。。。
そのうちの誰かが亡くなって、その相続人が登場します。
それまではできていた話が通用しなくなる可能性があるのです。

遺産分割協議書などの書面で残していればいいんですが、そういうケースは少ないでしょう。

長い間登記を放っておくと、相続権のある人が増えてしまい、整うはずの遺産分割も難しくなります。
登記名義の変更に必要な書類も多くなり、手続きそのものを複雑にしてしまいます。

やっぱり、いいことはないですね。

平成26年9月22日

投稿者: ごとう司法書士事務所