お役立ち情報ブログ

2013.04.01更新

相続手続きでかかってくる手数料は、代表的なものに登録免許税があります。

これは、不動産を相続した時、名義変更をするときに発生します。
これは、だれが登記申請しようと同じです。
必ずかかります。

もともとの登録免許税を課すこととなった経緯からすると、現代ではなくしてしまうべきなんでしょうが、なかなかなくなりません。
司法書士会も登録免許税の廃止運動をしていたと思います。

しかし、一度定着した税金ですから、廃止は難しい感じです。
廃止するならその分を別の税金でカバーしなくてはいけませんから。

ケースによっては、司法書士報酬よりもはるかに高額になることも多く、費用の請求をすると、司法書士報酬が高額だと勘違いをされてしまうこともしばしば。。。
司法書士の場合、司法書士報酬と登録免許税をまとめて請求することも多いですので。
ということは、司法書士が立替えている登録免許税もかなりの金額なんですよね(笑)

ご参考までに。

投稿者: ごとう司法書士事務所