お役立ち情報ブログ

2013.02.25更新

相続のご相談は、冬に増える傾向にあります。

寒い日が続きますので、体調がすぐれずにお亡くなりになるケースが多いからでしょうか。
心構えが出来ている人であれば、亡くなったらやらなくてはいけないことが分かっていますので、一通りのことを終えると相続手続きに入ります。

不動産の名義変更や預貯金の相続など。

そんな時は、まず司法書士に相談するのも一つです。

司法書士は、名義変更用に戸籍類を揃えて、相続関係の説明図を作成します。
遺産分割協議書も当然作ります。
それらは、登記手続きだけでなく、銀行の相続手続きでもそのまま使えます。
つまり、司法書士が作った相続書類ですべての相続手続きを賄えるのです。
楽ですよね。

面倒なことが多いので、そんな時は是非お任せ下さい。
役所の書類は平日にしか取得できないこともありますので、仕事で忙しい方などは、プロに任せた方がいいかもしれません。

ご参考までに。

平成25年2月25日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2013.02.12更新

相続する対象のものは、不動産に限らないですよね。
預貯金、株式、有価証券などなど

しかも、各会社に手続きをしなくてはいけません。
面倒ですね。

当事務所でも、不動産の名義変更に限らず、預貯金等の相続手続きを代行致します。
ぜひご利用下さい。
相続に関する手続き全般の代行が任せられるという内容です。

平成25年2月12日

投稿者: ごとう司法書士事務所