お役立ち情報ブログ

2013.10.02更新

今日も先日に引き続き、遺産分割協議に沿って、相続手続きを金融機関で行いました。
普通の銀行と信託銀行です。

預金の相続と株式配当金の未受領分です。

株式配当金とか投資物件の賃料収入って、一般的には遺産分割には含まれません。
当然に法定相続分で分配されると考えられています。

ただし、葬儀費用と同様に遺産分割に含めて協議することも可能です。

今回は、生前の被相続人の方の立替え費用(医療費等)の清算と未受領の株式配当金の分配を遺産分割協議に含めました。

各金融機関での手続きも、同じなようで微妙に違います。
法的に相続の証明ができていても、「社内規定によってこれも必要です。」とたまに言われます。

何かを求められれば、必ずその根拠を聞きます。
そこに理由がない、もしくは、別の書面で足りていれば、その旨説明し、不要なことはしないようにはしています。
担当者って、結構いい加減なときがあります。
もらえるだけもらっておけば、後から書面の漏れもないし。。。とか(笑)

いずれにしても、一つの金融機関で1時間程度待つ手続きでした。
午前中はこれで精一杯・・・。

投稿者: ごとう司法書士事務所