お役立ち情報ブログ

2015.09.20更新

証券会社を通して行う株式の相続手続きって結構めんどくさいんですよね。

 

預金の相続みたいでに、その銀行に口座がなくても別の銀行への振り込みや現金での払い戻しというわけにはいきません。

その証券会社に口座を持っていないといけないんです。

遺産を引き継ぐために受け入れ口座を持っていないといけないというわけです。

 

すぐに売却を検討していても、この手続きが必要なので、結構大変です。

 

また、各証券会社の取り扱い担当者も、相続に不慣れなことが多く、時間がかかることもしばしば。

結局、利用者側にしわ寄せがくる印象です。

その点、銀行は日常的に相続手続きが発生しているので、その点、司法書士等の専門家がきっちりと手続きをすると、スムーズに完了します。

 

この差って結構感じるんですよね。

 

平成27年9月20日

投稿者: ごとう司法書士事務所