お役立ち情報ブログ

2015.11.28更新

預金の相続手続きで思うのは、金融機関によって対応はまちまちだなってこと。

 

本部の専門部署が一括して相続手続きをしている金融機関。

このパターンは、結構多いです。

対応もしっかりしていることが多いです。

 

しかし、今でも支店単位で対応しようとするところもあります。

こういうことろは、当たり外れ!?が結構あるように思います。

というのは、担当者の知識や経験によって、手続きが遅くなったり、無理な事を言ってきたりするからです。

 

私も金融機関とは、相続や後見に関連する手続きで互いの主張を言い合ったことがあります。

銀行は当行の手続きですので・・・と一点張りです。

但し、法的におかしかったり、必要のないことまでする理由はないので、こちらも強く言います。

依頼者に負担をかけるようなことがってはいけませんから。

 

一般の方と金融機関で上記のようなやり取りは普通難しいので、怒って相談に来る人の気持ちはよくわかります。

金融機関とは、難しい組織だなと改めて思います。

 

平成27年11月28日

投稿者: ごとう司法書士事務所