お役立ち情報ブログ

2013.03.02更新

最近、生前贈与の相談が何件かありました。
相続対策についての相談です。

自民党に代わって、しばらくは政権が続きそうです。
民主党はあんな感じですし、野党もまだまだでしょうし。

とにかく、相続税の改正はくるでしょう。
そうなると、相続税を納める人がかなり増えると思います。
これまでは、一部のお金持ちの家庭だけの問題でしたが、普通の家庭でも相続問題は起こりえます。

相続時精算課税も含めて、生前贈与を検討する人は増えています。
先日も、贈与の相談を受けましたが、よくよく聞いてみると、相続の心配が根底にありました。
相続財産を評価する上で、厄介なのが自社株です。
上場株であれば、売ってお金にできますが、中小企業の自社株はそうはいきません。
お金にできないものによって、相続税が発生し、多額の相続税を。。。

生前にきちんとしたスキームで準備したいですね。
相続は他人ごとではなく、身近で起こる問題です。
しかも、誰でも一生のうち、一度は経験するでしょう。

備えあれば憂いなし。
そんな感じでしょうか。

平成25年3月2日

投稿者: ごとう司法書士事務所