贈与の名義変更入門

そもそも贈与って何?

不動産やお金などの財産を誰かにあげるとします。ここにお金の対価が伴えば「売買」になり、物々交換のようなものであれば「交換」、そして、ただであげると「贈与」となります。つまり、財産権の無償譲渡が「贈与」ということになります。当たり前のようで結構見落としがちな話ですので、まずは基本を押さえるようにしましょう。

 

このように、財産の渡し方によって法律的にどのように構成されて、税務上どのような評価を受けるかは違ってきます。簡単に不動産の名義を変更する事はできそうですが、実は検討すべきことは結構ありそうだと感じて頂けると思います。特に税金は大切です。贈与税は、財産をもらった人が基本的には納めます。きちんと計画的に行わないと後からやっぱりやめておけばよかった・・・というお話もよく聞きますので、ご注意ください。

 

贈与は、誰かの相続を前提に検討されることが多い問題です。つまり、一口に贈与といっても実は、相続対策の問題や遺産分割の問題も含んでいることがあるのです。

「相続になるともめるから事前に誰かに渡したい。」

「相続人である子供に迷惑をかけたくないので、自分の代で先祖の財産を整理したい。」

「自分は都市部の不動産を多く持っているので評価額が低いうちに子供に名義を移したい。」

「前妻の子と後妻がいるので、相続でもめないように生前に財産を確実にあげたい人にあげたい。」

など、本質的な問題が贈与そのものとは別にあることがありますので、じっくり専門家の意見を聞いてみることが何より大切になります。いろいろ人の意見をひととおり聞いてみて下さい。贈与税は、一般的には税率も高く、間違った選択をすると損をすることにもなりかねません。総合的に判断をするようにしましょう。

贈与の不動産の名義変更手続き

不動産を贈与する方へ/される方へ

金銭の授受を伴うことなく無料で土地や建物を譲ることがあります。典型的な例は、相続税対策のための親から子への譲渡です。こういったケースでは、ただ名義を変更するだけでなく、相続する場合と比較してどうするのが良いのかの判断や、税務署に説明できる正式な書類作成が必要になってきます。当事務所は、そういった不動産贈与に関する包括的な相談に対応しており、お客さんごとのご状況に合ったアドバイスや法的な手続きをさせて頂くようにしています。不動産の贈与をお考えの方は、まずは当事務所までご相談ください。

贈与に関する税金の話

贈与税は、相続税と一体の税務体系です。どちらも無償での財産権の移転です。生きているうちに行えば「贈与」となり、亡くなってから移転すれば「相続」となります。お互いのメリットとデメリットを理解して使い分けるようにしましょう。また、税制改正は毎年のように行われます。節税と課税のいたちごっこのような感じです。うまい節税方法を見つけても、何年か後に国が税制改正を行いその方法が使えなくなることもよくあります。

 

贈与は税金対策として行うことが多く、本当に贈与した方がいいのか、それとも相続にした方がいいのかは、きちんと判断する必要があります。民法上の考え方と税法上の考え方は異なっており、税務署は形式よりも実質を見て判断する傾向にあります。当事務所は税理士とも提携しており、様々な角度から見て最も良い方法で、かつ後で揉めない進め方で贈与するためのアドバイスをしています。同じ窓口で全て相談すれば、説明は1回で済み、それぞれの専門家の間に立って調整をする手間も省けます。相続対策は一貫した計画が必要です。信頼できるパートナーをぜひ見つけてください。

お問い合わせ