知人・親族間の不動産売買について

個人での不動産売買を検討している方へ

知人や親族間で、土地・建物を売買することがあります。通常は不動産会社が間に入って売り手と買い手をそれぞれ見つけるため、手数料(相場は3%+6万円)が発生します。しかし、個人売買であれば不動産会社を通す必要がないため、この手数料を負担せずに済みます。ただし、その分、全て自己責任で契約を進めていく必要があり、お互いに納得のいく形で手続きを終えるためには、専門家に依頼するのがお勧めです。

不動産売買のトラブル

土地や建物は非常に高額な契約になるため、少しでもトラブルの可能性がある要素は排除することが重要です。そのためには、法律・不動産・金融・税金など、様々な専門性が必要となります。

法律

司法書士は、もちろん法律の専門家です。法的に有効でトラブルになりにくい書類手続きを進めていきます。

不動産

当事務所は不動産会社も併設しており、代表は宅建の資格も持っています。そのため、不動産業界での慣習やルールなどに基づく専門的なアドバイスも行うことができます。

金融

当事務所の代表は、銀行での勤務経験があり、住宅ローンや融資に関する専門的な知識も持っています。

税金

不動産に関するポイントとなる税金の知識はもちろんお答えしますし、さらに専門的な内容については、提携している税理士をご紹介させて頂くことも可能です。

つまり、不動産の個人間売買のことなら、当事務所へ全て一括でお任せ頂けます。不動産会社への手数料を支払うことなく、かつ確実で揉めない契約を進めていくようにしましょう。

個人間の不動産売買の流れ

1売買する不動産に関する資料を集めます。場合によっては、測量した方が良いケースもあります。

2契約内容を決め、必要な書類を作成します。

3買い主に渡る書類は、一旦当事務所でお預かりさせて頂きます。

4売買の代金を支払います。

5支払いと同時に、不動産の名義変更を速やかに行います。

6買い主に、各種書類をお渡しします。