住宅ローンを組んでいる人が亡くなったら

住宅ローンを組んでいる人が亡くなったときにやること

住宅ローンを組むときは、通常「団体信用生命保険(団信)」という保険に入ることになるため、住宅ローンを残したまま亡くなったら、残りの返済分は全て保険によって支払われることになります。つまり、遺族の方は、ローンがない状態で不動産を相続することになります。

ローン付き不動産を相続するときにやること

先程ご説明しました通り、ローン自体は保険によって支払われるため返済をする必要はなくなります。ただし、いくつかの手続きは必要となりますので、ご注意ください。

住宅ローンの借入先へ連絡する

住宅ローンを申し込んでいた金融機関へ、返済していた者が亡くなった旨を通知します。団体信用生命保険の適用については、案内の通りに進めていけば問題ありません。なお、金融機関へ本人が亡くなったことを通知すると、口座が凍結されます。

抵当権を抹消する

住宅ローンについていた抵当権を抹消するための手続きを行います。こちらも、通常は金融機関が案内してくれますから、速やかに書類を提出するようにしましょう。

相続の手続きをする

誰にどの財産を相続させるのかを決め、遺産分割協議書を作成します。このとき、凍結された口座の残額を把握したり、残金を受け取ったりするための手続きが必要になります。

不動産の名義を変更する

不動産をそのまま相続する場合も、売却する場合も、まずは登記名義を変更しなければなりません。

全てまとめてお任せください

不動産を相続することになったときは、やることが非常に多く、それぞれの段階で法的な解釈や書類作りが必要になります。当事務所では、これらの業務を一括して請け負っており、費用もお得なパッケージ価格をご用意しております。不動産を相続することになった方は、お気軽にご相談ください。

予約