当事務所にご依頼頂くメリット

不動産に強い司法書士

通常の司法書士事務所でも、不動産に関する業務は行っていますが、あくまで形式的な書類作成や契約内容のチェックなどがほとんどです。通常は、司法書士が、売買契約等の実務に関わる機会は少ないんので仕方ありません。当事務所場合、代表が宅建(宅地建物取引士)の資格を持っており、登録もして不動産に関する事業を行う会社の経営も行っています。そのため、表面的な手続きだけでなく、不動産取引の実務や実態に沿ったアドバイスや提案をさせて頂くことができます。

司法書士によって、積極的に取り組んでいる業務も違います。司法書士の仕事は広範囲にわたります。不動産に関する登記や会社の登記はもちろん、高齢者や障害者の方などに向けた成年後見業務、破産などの債務整理業務、敷金返還請求などの裁判業務などその守備範囲は広いので、自然と個々の司法書士によって得意分野などができやすくなっているといえます。

その中で、例えば、不動産の売買に関することは仲介業者さんが一定割合を担うことが多く、司法書士は手続き面に終始してしまうことが多いのです。通常は、契約等は仲介業者さん、登記手続きは司法書士といったすみわけとなり、お互いの業務についてお互いが深く理解していないことも多いのです。

不動産に関して司法書士を探す際のご参考にしてみて下さい。

 

法律の専門家だからこそできること

では、不動産の専門家である不動産業者に依頼すればいいのでしょうか?不動産会社は契約書の作成はしてくれますが、法律の専門家というわけではありません。もし、漫然と契約書雛形の空欄に文字や数字を記入しているだけだったら大変なことです。不動産売買は大きな金額が動くため、ちょっとした不備や説明不足が大きなトラブルを招いてしまいます。トラブルになった際の裁判所の判断(=最終的な結論)や紛争解決手段の手続きを分かった上で、事前に何を準備しておくべきか。これは、法律実務の理解がないと難しい部分です。何が裁判では重要な証拠となり、どこに注意していればよいのか。そこが本当に大切なところです。

 司法書士なら、法律の専門家としての視点で、これまでの判例や実務上の経験から、確実でトラブルになりにくい手続きを進めていくことが可能です。また、不動産の登記手続きも理解しているので、お金の支払いや名義の変更まで安心して頂けるようなバランスの良いアドバイスが可能になります。

個人間売買のお手伝いも

せっかく個人間で売買するなら、間に不動産業者を入れて正規の手数料を取られるのは避けたいところです。当事務所なら、不動産業者を使わずに、かつ法的に有効でトラブルにならない書類作成や手続きのお手伝いをさせて頂くことも可能です。仲介業者がいないと金融機関からの借り入れが難しいこともありますが、金融機関での勤務経験をもつ代表司法書士が、その点もクリアできるようしっかりとアドバイスをさせて頂きます。

買主の方が銀行の融資を予定している場合は、特に注意して下さい。基本的には銀行融資が難しい案件になりますので、司法書士などの専門家を間に入れてしっかりと公正な取引であることを示す必要があります。

予約